ある音楽プロデューサーの軌跡 #56 「追悼 AAP 石塚孝夫さん」

閲覧回数 1,924 回

オール・アート・プロモーション代表の石塚孝夫さんの訃報が届いた。享年89。ジャズに捧げた後半生の尽力を心から労いたい。

続きを読む

2/27&3/06 ジャズ文楽「涅槃に行った猫」
Jazz-Bunraku The Cat Who Went To Heaven

閲覧回数 10,865 回

アメリカの児童文学賞を受賞した童話を原作にジャズと文楽とのユニークなコラボレーションによる企画。

続きを読む

貴公子ジョージ・ムラーツとの思い出

閲覧回数 15,255 回

そんな彼の音は、柔らかい音質の中にも輪郭がはっきりしており、特にアルコは素晴らしく、さすがにクラシックを身に付けたベーシストです。

続きを読む

追悼 ジョージ・ムラーツ  録音エンジニア 及川公生

閲覧回数 12,971 回

私の望むベースのサウンドとジョージ・ムラーツの望むサウンドとは一致したのだ。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #72 George Mraz『Nardis』

閲覧回数 39,211 回

ピアノ・トリオの魔術師、ジョージ・ムラーツが亡くなってしまった。実に色々なグループで楽しませてくれたベーシストだ。追従を許さなかった彼の特殊なスタイルや、ジャズに於けるベーシストの役割を超越していた彼の音楽を、リッチー・バイラークとのインタープレイを引き合いに出して解説。

続きを読む

Hear,there and everywhere #32 追悼 ジョージ・ムラーツ

閲覧回数 18,659 回

ジョージ・ムラーツとミロスラフ・ヴィトウス、同時代のジャズ・シーンを生きながらそれぞれが独自の道を歩んだ二人の偉大なチェコ・ジャズ・ベーシストのひとりが地上から姿を消した。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #19 <Nardis>

閲覧回数 88,516 回

5月26日、マイルスの生誕91周年を迎え、筆者のお気に入りの<ナルディス>を取り上げ、マイルスが『Kind Of Blue』でジャズの歴史に残したモード・ジャズの解説を試みた。この曲はマイルスがあまりにも時代を先行し過ぎて、作曲当時ビル・エヴァンス以外マイルスを満足させられず、マイルス自身によって録音されることなくボツになった曲だ。

続きを読む