JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

チェス・スミス

No. 216ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

連載第11回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

The Stoneにおいて、1月の最終週、クレイグ・テイボーンが6夜の演奏を行った。待望のレジデンシーである。テイボーンが、90年代半ばの登場以来もっとも才能があり革新的なピアニストだということは、多くが認めるところだ。ここでも、魅惑的な幅広いパフォーマンスをみせた。

Read More