#30 キャブ・キャロウェイの燕尾服、ホワイト・テイルコート

閲覧回数 6,403 回

キャブ・キャロウェイといえば誰もがステージ上で燕尾服を着て歌い踊る姿を想像するだろうが、何故、彼がホワイトの燕尾服を着るようになったのだろうか?

続きを読む

さようならランディ(・ウェストン)

閲覧回数 15,248 回

ランディーはコック(料理人)としても一流で、50年代にはニューヨークで日中コックとして働いていたこともある。

続きを読む

「追悼。CT考」

閲覧回数 25,870 回

 私は声にしなければならない。
「いでよ、今一人の異端者!今一人のセシル・テイラー!」

続きを読む

JAZZ meets 杉田誠一 #103「セシル・テイラー」

閲覧回数 26,310 回

セロニアスに似て、全く誰のようでもない「間」。デュークに似て、壮大なオーケストレイション。そして、すぐれてパーカッシヴでありながらも、誰よりもよく「うたう」のがセシル・テイラーというわけです。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード #10 :ビリー・エクスタインとジョー・ウィリアムスの粋

閲覧回数 18,560 回

『4.スタイリッシュなバンドリーダー達』で初期のバンドリーダーやメンバー達が、如何にお洒落に気とお金を使っていたか、という事を書いた。
ほとんどのバンドが専属シンガーを抱えていた。シンガー達は一際目立ち、個性的でユニークなファッションでバンドに花を添える存在だった。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード #4. スタイリッシュなバンドリーダー達

閲覧回数 20,640 回

初期の多くのジャズミュージシャンたちは服装に凝っていた。パリッとした服装は成熟と成功を意味していた。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #18 『Caravan』

閲覧回数 63,544 回

アバンギャルドという看板を背負わされたことを嫌い、黒人文化と黒人音楽の伝統を守りながら驚くべきクリエイティビティーを世に残したアーサー・ブライスだったが、商業的に成功しなかったことに苦悩し、パーキンソン氏病に倒れた彼の真のジャズ・アーティストとしての姿を分析してみると同時に、ジャズ・ラテンという曖昧なスタイルの解析も試みてみた。

続きを読む