#2210 『ノエル・アクショテ / J.(B.)B. (For Jaimie)』

閲覧回数 6,543 回

ジェイミー・ブランチの『Fly or Die』連作を聴いていれば耳に残るいくつものメロディが、ノエル・アクショテの歪んだ時空間の中で立ち現れ、そうだ、この生命力の奔流がジェイミーの音楽だったのだと、あらためて気付かされる。もう彼女の新しい音を聴くことはできないが、再発見を続けることはできる。

続きを読む

Interview #229 ノエル・アクショテ Noël Akchoté

閲覧回数 23,888 回

「チューニングは人類の歴史です」とノエルは言った。音を出すための営み、その時間は一瞬の中にある、という事実。

続きを読む