ジャズ・ア・ラ・モード # 20. ジミー・ラッシングのダンディズム

閲覧回数 3,463 回

カンザス・シティで活躍していたビッグ・ジョー・ターナーとジミー・ラッシンッグ。
体が人並みはずれて大きいが、粋でおしゃれなシンガー達だ。

Read more