菅原光博 ジャズを撮る!#15 NYジャズ・シーン「ロフト・ジャズ #3」

閲覧回数 4,820 回

40年ぶりに陽の目を見る1978年のイーストヴィレッジでのAIRと1980年のティン・パレスでのデクスター・ゴードン、ウォルター・ビショップ Jr、セシル・テイラーら。ロフトジャズ終末期の記録。

続きを読む

#08 『Henry Threadgill’s Zooid / Poof』

閲覧回数 10,899 回

緻密さとダイナミクスにひたすらに圧倒されるヘンリー・スレッギルのズォイド新作。ややサウンドの音繊維がほぐれ、スレッギルのアルトの魅力を堪能できるものとなっている。

続きを読む

Hear, there & everywhere #31 追悼 佐藤秀樹 (1933~2021)

閲覧回数 19,908 回

当誌悠雅彦主幹とは同窓でお互いに肝胆相照らす友人同士だった。

続きを読む

#07 『ダフニス・プリート』

閲覧回数 25,403 回

その目配りの細かさ・確かさ、またラテン・ジャズ特有の悦楽性と躍動感、先進性などが見事にマッチングしている点など、今年のベスト

続きを読む

11/09 ECMからAEC 50周年記念21枚組CDボックスセット発売

閲覧回数 53,639 回

ECMからアート・アンサンブル・オブ・シカゴ結成50周年記念CD21枚組ボックスセットがリリース。

続きを読む

タガララジオ 50 中目黒のアニキは、音楽は家具のようなものになってゆくと言う、

閲覧回数 40,297 回

”新しいレーベルが誕生する、それは3都市でのライブ録音、CD3枚組で、クラシックのレーベルという打ち出しなのだが、

続きを読む

ムーハル・リチャード・エイブラムスとの在りし日をしのぶ

閲覧回数 43,335 回

とりわけ強く印象に残っているのがフェスティヴァルの開幕日と、最終日(日曜日の11日)の取りを飾ったAACMビッグバンドの演奏で、そのリーダーが彼だった。

続きを読む

#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 81,466 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

続きを読む

6/15 JJA Jazz Award 2016

閲覧回数 33,733 回

6月15日にJJA Jazz Award 2016の授賞パーティが行われ、5月15日に発表された音楽家部門受賞者に続き、ジャーナリスト部門受賞者も発表された。音楽家部門の功労賞はヘンリー・スレッギル、ミュージシャン・オブ・イヤーにはマリア・シュナイダー、新人賞にカマシ・ワシントン。レコード・オブ・ザ・イヤーもマリア・シュナイダー・オーケストラの『ザ・トンプソン・フィールズ』。

続きを読む

#1276 このCD2015海外編#09 『Jack DeJohnette / Made in Chicago』

閲覧回数 35,124 回

ジャック・デジョネットに加え、ヘンリー・スレッギル、ロスコー・ミッチェル、ムハール・リチャード・エイブラムスという、シカゴの前衛集団AACM(Association for the Advancement of Creative Musicians)を代表する面々の歴史的な共演。

続きを読む