ヴァネッサ・ブレイ自動車事故死

閲覧回数 8,917 回

ピアニスト ポール・ブレイの次女でミュージシャンのヴァネッサが去る10月25日、自動車事故で即死。享年34。

続きを読む

#535『Paul Bley Trio / When Will The Blues Leave』
『ポール・ブレイ・トリオ/ホェン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ』

閲覧回数 9,262 回

低音部から高音部まで、エッジの効いた透明な音は、まさにマイキングの効果だ。

続きを読む

Tribute to Perry Robinson (1938-2018) by 須藤伸義

閲覧回数 12,963 回

彼の伝記のタイトル『ザ・トラベラー』のタイトル通り、音楽に捧げた人生を自由気ままに生きて、生き抜いた人だった。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #46「Transheart トランスハート・レーベル」

閲覧回数 18,773 回

ジャズ・プロデューサーにとって自分のレーベルを持つことは夢である。

続きを読む

#449 『シワブキ/GENERATORS』

閲覧回数 21,554 回

ギターのライン収録のエフェクト効果が骨太なので、時に管楽器のアドリブかと、一瞬のサウンド風景が浮かび上がる。

続きを読む

Hear, there and everywhere #11 『ヴァネッサ・ブレイ/ソロ・ピアノ』

閲覧回数 20,517 回

4月17日、東京・渋谷、ひとりの才能溢れる若き女性音楽家の翔びたつ姿を僕らは目撃することになる。

続きを読む

来日直前インタヴュー #169 「ヴァネッサ・ブレイ」 

閲覧回数 21,547 回

多分3歳の時だったと思うけど、両親に連れられてNYCに行き、スイート・ベイジルで父(ポール・ブレイ)がジミー・ジュフリーと演奏するのを聴いた時ね。

続きを読む

4/17 ヴァネッサ・ブレイ= 山口コーイチ ”ピアノな夜”

閲覧回数 18,314 回

“ジャズ・ピアノのレジェンド” ポール・ブレイの愛娘ヴァネッサ・ブレイと”渋さ知らズ”などで活躍する山口コーイチの一度限りの”ピアノな夜”。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #43 「“偉大な興行師” 鯉沼利成さんとの仕事」

閲覧回数 32,213 回

「鯉沼さん、プロモーターとしてやり残したことはないでしょう?」「プロモーター? 俺は興行師だよ!」。大興行師・鯉沼利成と音楽人としてのキャリアの一部を共有できたことは光栄かつ名誉なことである。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 富樫雅彦

閲覧回数 31,568 回

2007年8月22日、富樫雅彦が逝って早くも10回目の夏を迎えようとしている..。

続きを読む

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第13回 蓮見令麻〜手探りでたぐり寄せた、その糸で織ったもの

閲覧回数 48,107 回

2作目のアルバム、ピアノ・トリオ作品『Billows of Blue』のリリースに至るまでに出会うべくして出会った数々の名盤と、ニューヨークの音楽家達。「ジャズ」とは何かという問いの追求について、自身が語る。

続きを読む

#1343 『藤井郷子(Satoko Fujii)ジョー・フォンダ(Joe Fonda)/Duet』

閲覧回数 40,984 回

両者のこの演奏を聴いて、常に作曲者であるインプロヴァイザーと、現代音楽作曲家のスコア作品との明らかな違いがよく分かった。すこぶる興味深かった。

続きを読む

Vol.62 | イーダ、それからコルトレーン

閲覧回数 38,404 回

text by Masahiko YUH

続きを読む

Interview #127 (#61 Archive) Keith Jarrett- Part 2

閲覧回数 7,297 回

僕のソロを “作曲” として見て一作選べと問われれば、僕は『ラディエンス』を推す。

続きを読む

音の見える風景 Chapter #4「カーラ・ブレイ」

閲覧回数 4,616 回

カーラ・ブレイはなんとも形容しがたいほどかわいいチャーミングな女性である。そして、ファインダーでみるカーラは天真爛漫で純粋、シャイのかたまりである。

続きを読む