#09 アングイッシュ Anguish(ウィル・ブルックス、マッツ・グスタフソン、ハンス・ヨアヒム・イルムラー、マイク・メア、アンドレアス・ヴェリーン)

閲覧回数 6,281 回

世界的に近代の枠組み、リベラルな価値観が崩壊しているとしか感じ得ない日々、それに伴う漠然とした不安感、不穏感が漂う現在のリアリティ、それを体現したステージだった。

続きを読む

#13 Moers Festival 2019
メールス・フェスティヴァル 2019

閲覧回数 18,709 回

メールス・フェスティヴァル現音楽監督ティム・イスフォートの「フェスティヴァルを当初の精神をもって続けていきたい」という言葉に背中をおされ流ように十数年ぶりにそこに足を運んだ。

続きを読む

Reflection of Music Vo. 68-Ⅱ Moers Festival 2019 ~ Photo Document Part 2

閲覧回数 14,765 回

メールス・フェスティヴァル3日目と4日目のステージをスライドショーで。

続きを読む

#28 居座る虎〜●●●●とリトアニア

閲覧回数 12,538 回

人口三百数十万の小国とはいえ、一国のジャズの全貌を一枚のCDで伝えきれるはずはないが、少なくともリトアニアというバルト三国の一つの現在のジャズ・シーンの精髄を切り取ったものであることは間違いない

続きを読む

# 090 リューダス・モツクーナス/リード奏者(リトアニア)
Liudas Mockunas (reeds) Lithuania

閲覧回数 13,595 回

最近僕はミュージシャンをアメリカ人、ヨーロッパ人、アジア人などと区別しなくなりました。国籍ではなく、個々のミュージシャン同士が演奏し、コミュニケーションを図っていると考えています。

続きを読む