アーカイヴECM 「アイヒャーのクリスタル・サウンド」菅野沖彦

閲覧回数 373 回

現代に生きるマンフレート・アイヒャーという人間、ジャズ・プロデューサーの内面が表現された音という意味にそれを勝手に解釈しなければいられないほど、その音は個性的であった。

Read more

アーカイヴECM「目を離せないECM」野口久光

閲覧回数 398 回

彼アイヒャーのジャズに対する愛情、時代を先取りした鋭い洞察、クラシックや現代音楽に対する深い造詣がそのひとつひとつに裏付けされていることがわかる。

Read more

ヤン・エリックのこと

閲覧回数 283 回

オスロのレインボウでの録音が少なくなてきたのは、やはりヤン・エッリクの体調の問題が関わっていたのではないだろうか?

Read more

ヤン・エリック・コングスハウク 逝く〜ECMサウンドを創ったエンジニア

閲覧回数 1,986 回

ECMに約700枚の録音を残したノルウェーのエンジニアのヤン・エリック・コングスハウクが闘病の末、75歳で亡くなった。ギタリストとしても自身の録音を残している。

Read more

11/1-2「ECM Records at 50」NYジャズ・アット・リンカーン・センター

閲覧回数 3,661 回

ECM50周年を記念して、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターでスペシャルコンサート「ECM Records at 50」を11月に開催する。

Read more

ツアー直前緊急 INTERVIEW #185 Drummer 福盛進也

閲覧回数 6,360 回

でも信じてやれば叶うこともあるんだと、自分は間違ってなかった、と胸を張って言えますね。

Read more

1/26 ミシェル・ルグラン逝く

閲覧回数 13,201 回

ミシェル・ルグランが、2019年1月26日、パリの自宅で亡くなった。2018年7月6日〜9日のブルーノート東京が最後の来日公演となった。フランスの作編曲家・ピアニスト・ヴォーカリストで、200以上の映画・ドラマ音楽を手がけ名作の数々を作って来た。

Read more

1/4-12 Winter Jazz Fest NYC 2019

閲覧回数 13,822 回

「ウインター・ジャズフェスト NYC」はヴィレッジ周辺の多数の会場で開催され、約200バンドが演奏し、世界で最も熱く、新しく、お得なジャズフェスティバルとなる。ミシェル・ンデゲオチェロをアーチスト・イン・レジデンスとし、テーマに「Gender equality」を掲げる。1月10日にはマンフレート・アイヒャーが、デイヴィッド・ヴィレージェスとラリー・グレナディアとともにリスニングセッションを行う。

Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #46「Transheart トランスハート・レーベル」

閲覧回数 12,373 回

ジャズ・プロデューサーにとって自分のレーベルを持つことは夢である。

Read more

10/17-28 ジャズフェスティバル・エスリンゲン〜 ECM 特集

閲覧回数 16,194 回

ドイツ・エスリンゲンでジャズフェスティバルが開催され、2018年はECM 50周年にフォーカスし、エグベルト・ジスモンチ、ラルフ・タウナー、カーラ・ブレイ、クリス・ポッターなどのコンサートが行われ、10月20日にはマンフレート・アイヒャーを追った映画『Sound and Silence』の上映と、マンフレートの講演が予定されている。

Read more

#1556『シャイ・マエストロ/ザ・ドリーム・シーフ』

閲覧回数 15,881 回

今、最も注目すべきイスラエル出身31歳のピアニスト、シャイ・マエストロの待望のECMデビューリーダーアルバム。あふれるアイデアを持つ若き才能がマンフレート・アイヒャーとの出会いで創作の転機を迎えた。

Read more

7/29 トランペッター トマシュ・スタンコ逝く

閲覧回数 17,368 回

1976年のデビュー以来創作活動の拠点としていたECMでは、公式サイトのトップにマンフレート・アイヒャー自選の録音を流し最大限の追悼の意を表している。

Read more

#416 『ノーマ・ウィンストン / デスカンサードー 〜映画のための歌』

閲覧回数 15,043 回

ボーカル作品の造り方に一つの提案であろう

Read more

#1500 『福盛進也トリオ / フォー・トゥー・アキズ』

閲覧回数 19,183 回

『For 2 Akis』は、ECMと日本を巡るさまざまなストーリーの広がりと収束を秘めた特別なアルバム

Read more

#1499 『Norma Winstone / Descansado – Songs for Films』

閲覧回数 16,478 回

“In memory of John & Kenny”—−このアルバムは、ジョン・テイラー(1942年9月25〜2015年7月17日)とケニー・ホイーラー(1930年1月14日〜2014年9月18日)の思い出に捧げられている

Read more

6/26 ECMとマンフレート・アイヒャーが米ダウンビート誌国際批評家投票で9回目のポールウィナーに

閲覧回数 24,790 回

米ダウンビート誌の第65回国際批評家投票でECMレーベルとプロデューサーのマンフレート・アイヒャーがそれぞれ9回目のポールウィナーに選出された。

Read more

#Interview #126(#60) Keith Jarrett -Part1-

閲覧回数 711 回

だから「インプロヴィゼーションを最優先して、これからの人生を過ごそう」と誓ったんだ。年を取りすぎて演奏できなくなるまでね(too old to play)。

Read more

#114 アレックス・クライン Alex Cline

閲覧回数 15,036 回

僕は、自分自身の音楽的成果に対し、すごく満足しているし、ロスに留まっていたからこその成果だと思っている。ロス在住のミュージシャンが、東海岸中心のジャズ・メディアに軽んじられているのは事実だと思う。

Read more

#27 『ECM catalog』海外プレスの見方

閲覧回数 19,591 回

2年有余をかけて『ECM catalog』は完成した。ECM本社のマンフレート・アイヒャー、スティーヴ・レイク、ハイノ・フライバーグからそれぞれ祝辞が届いた。ECMのオフィシャル・サイトを通じて海外発売もスタートした。

Read more

#89 アーリル・アンダーシェン(アリルド・アンデルセン)

閲覧回数 19,964 回

マンフレートはあの時点では普通のプロデューサー以上のことはしていない。僕らのやりたい音楽をやりたいように演奏した。

Read more

Interview #79「マンフレート・アイヒャー」Part 1

閲覧回数 575 回

あなた自身の責任で「沈黙」を創り出すんだ。待っていても「沈黙」はやってこない。望んだだけでは「沈黙」は訪れてはこないんだ。

Read more