#20 不確実性の中で
〜”SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA”を見ながら

閲覧回数 6,344 回

公園通りクラシックスのような小規模なヴェニューが実は音楽活動の現場では重要な役割を果たしてきていることは中々認識されていない。しかし、ライヴ・ミュージシャンにとっては演奏する場があってこその音楽なのである。この状況下、苦境に立たされているところも少なくないと思う。事情が許すのなら、出来るだけライヴに足を運ぶということ、それはヴェニューにとってもミュージシャンにとっても助けになるということだけは確かである。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 75 Moers Festival 2020: Live Streaming by arte

閲覧回数 10,022 回

多くの音楽イベントが中止または延期を余儀なくされる中、ドイツのメールス ・フェスティヴァルはプランB、つまりライヴ・ストリーミングによるフェスティヴァルを決行した。スローガンは “new ways to fly”、プランBによる開催はその言葉通りの試みだった。

続きを読む

Hear, there & everywhere #19「Jazzin’ at home」

閲覧回数 10,291 回

Covid-19 がパンデミック化した状況下、Stay Homeを余儀なくされたジャズ・ミュージシャンは3密を良しとする職場を奪われどのような対応を見せたか?

続きを読む

Interview #208(緊急)齊藤易子+大島祐子
メルス・フェスティバル 2020に出演して

閲覧回数 8,317 回

この状況で4月半ばにはフェスを決行する決断をし、そしてそれを実現したディレクター、フェスチームに脱帽です。なかなかできることではないし、ミュージシャンとして彼らから勇気をもらえました。

続きを読む

#18 続コロナ禍の中で 〜 プランBとしてのストリーミング

閲覧回数 8,491 回

渡辺白泉のよく知られた句に「戦争が廊下の奥に立ってゐた」というのがある。それを今に例えるならば廊下の奥に立っていたのはコロナだが、その向こうのポストコロナはまだ見えない。その全ては現在の試行錯誤なくしてあり得ないだろう。それも生き延びてこそ、なのである。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 73 コロナ禍の中で

閲覧回数 5,717 回

幸い音楽ファンには、ライヴに行くことは出来なくても自宅でCDなどを聴く楽しみはある。もし余裕があるならば、CD(ダウンロード)を購入すれば幾ばくかミュージシャンあるいは音楽関係者の助けになるということを付け加えておこう。

続きを読む