ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #72 George Mraz『Nardis』

閲覧回数 39,797 回

ピアノ・トリオの魔術師、ジョージ・ムラーツが亡くなってしまった。実に色々なグループで楽しませてくれたベーシストだ。追従を許さなかった彼の特殊なスタイルや、ジャズに於けるベーシストの役割を超越していた彼の音楽を、リッチー・バイラークとのインタープレイを引き合いに出して解説。

続きを読む

#03 『Lookout Farm / Live At Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg 1975』

閲覧回数 17,971 回

このグループの凄さをあらためて魅せ付けさせられた1枚であった。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #46「Transheart トランスハート・レーベル」

閲覧回数 40,055 回

ジャズ・プロデューサーにとって自分のレーベルを持つことは夢である。

続きを読む

Hear, there and everywhere #12『クニ三上/0才からのジャズ〜Keep on Swingin’』

閲覧回数 28,509 回

「高齢者、障がい者、そして赤ちゃん連れ、と色々な人が一緒に楽しめるコンサート、が実は私の理想でもあります」と横田さんは言う。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #42 『ジャック・ディジョネット+デイヴ・ホランド/タイム&スペース』

閲覧回数 51,155 回

トリオレコードが初めて全社一丸となって制作したアルバムが完成した。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 富樫雅彦

閲覧回数 54,450 回

2007年8月22日、富樫雅彦が逝って早くも10回目の夏を迎えようとしている..。

続きを読む

Poo at ジョージ大塚「マラカイボ・コーンポーン」セッション

閲覧回数 48,771 回

1978年5月、NYサウンド・アイディア・スタジオでのジョージ大塚「マラカイボ・コーンポーン」をプロデュースする菊地雅章。多くの “ECMアーチスト” が参加した。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #2「クラシックの演奏家たち」

閲覧回数 8,588 回

「文は人なり」というが「音も人なり」で、そこが音楽の制作や鑑賞の楽しみのポイントでもある。

続きを読む