#1217 新生 声のことばの勉強会公演/群読 平家物語(抄)/百万回生きたねこ

閲覧回数 2,707 回

かたり読むこと。メロディを編み奏でること。双方ともシンプルな営みではあるが、捻りもない代わりに天井もない世界。それらは誰に向けて放たれたものなのか―その一点を照射しつつ、表現というもののラディカルな本質を突く。

続きを読む

#1604 『かたりよみとおんがく 星のかけら』

閲覧回数 28,878 回

ひとつの大きな世界観を共有することを志向しているが、特殊奏法を駆使して互いのサウンドの近似値を図るものでもなければ、「うた」のアルバムでもない。絵画に色彩ありきのように、言葉に意味ありき、音楽に音色ありき—その原点に忠実だ。

続きを読む