#2015 『阿部薫/完全版 東北セッションズ 1971』

閲覧回数 5,615 回

阿部のソロは、やはりジャズのスタンダードを、そして日本の歌謡曲や古い歌をモチーフにして展開した。その意味では全くテーマの無いフリー・インプロヴィゼーションであるより、フリージャズの伝統に根ざしていると言っても良い。

続きを読む

9/20 『阿部 薫/完全版 東北セッションズ 1971』リリース

閲覧回数 6,274 回

今回の「完全版」には小野が収録したすべての音源が細大もらさず含まれ、かつてボーナスとしてミニCDに収録されていた<恋人よ我に帰れ 2>や短いながらも阿部の肉声も公開される。

続きを読む

「私」と「K氏」と「ECM」と 

閲覧回数 9,685 回

そう、K氏こそ我が国を代表するデザイン界の開拓者・清原悦志氏。彼が亡くなってすでに30年が経つが、氏が私に残してくれたものは余りにも大きい。

続きを読む

#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 54,294 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

続きを読む

#33 隔月刊『音楽』  ’74 8月号 Music Musique Musik

閲覧回数 27,348 回

「日本のミュージシャン〜〜今、我々は...」と題された二人の若手アルトサックス奏者へのインタヴューも出色の企画。ひとりは、高柳昌行「ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ」在籍中の森剣治。もうひとりは軍楽隊を率いていた頃の阿部薫。

続きを読む

#19Ex. 清水俊彦さんの「剽窃」問題について

閲覧回数 16,371 回

清水さんが剽窃をしたということは「あとがき」で記されている以上、動かし難い事実である。理由が何であれ文筆家として決して許されるべきことではない。その責は自ら負うべきだ。

続きを読む