エッセイ「風を歩く」から vol.6「アカマタ ・クロマタ~百鬼夜行」 

閲覧回数 3,436 回

名もなき市井の生活者が、伝統的な音楽や文化を支え継承しているというのが、沖縄や八重山の実相だろう。そこにこそ沖縄の存在価値があるはずだ。

続きを読む