Interview #207(緊急) 田村夏樹+藤井郷子 Facebook Liveを語る

閲覧回数 3,282 回

フリーランスのミュージシャンという職業があるということを知らない役所の方がいっぱいいるらしいです。フリーランスとフリーターの区別がつかないらしくて、まずは就職活動してくださいと。

続きを読む

1/27~2/18 田村夏樹+藤井郷子 KAZE10周年を中心に欧米ツアー敢行中

閲覧回数 6,387 回

田村夏樹と藤井郷子を中心とする日仏混成カルテット KAZEが活動歴10年目を迎え欧米を集中的にツアー中。

続きを読む

#12 Satoko Fujii Tokyo Trio:藤井郷子|須川崇志|竹村一哲

閲覧回数 5,716 回

若い竹村の、まさに噂通りの天性豊かなドラミングにすっかり圧倒され、魅せられた。

続きを読む

タガララジオ 54
radio Tagara 54

閲覧回数 10,101 回

この夏、タワレコ冊子『intoxicate』にお声かけいただいて、50周年を祝す小文を書かせていただいた、

続きを読む

悠々自適 #89 「恐るべき女性音楽家たちの活躍」

閲覧回数 13,232 回

現在、私が大きな注目を払っている女性作編曲家が3人いる。1人は宮嶋みぎわ、そして、挾間美帆と藤井郷子である。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 70 JAZZ ART せんがわ 2019

閲覧回数 12,718 回

存続が危ぶまれていた「JAZZ ART せんがわ」だったが、関係者有志が立ち上げたJAZZ ART実行委員会の粘り強い交渉により、調布市の共催を得て、開催に漕ぎ着けたのは特筆の値する。所感と各ステージの模様をスライドショーにて。

続きを読む

#548 『藤井郷子オーケストラ ニューヨーク/ エンティティ』
『Satoko Fujii Orchestra New York / Entity』

閲覧回数 7,764 回

要所での緻密なミックス作業がうかがえる

続きを読む

9/12 ~ 15 第12回 JAZZ ART せんがわ

閲覧回数 15,110 回

存続が危ぶまれていた「JAZZ ART せんがわ」、関係者による調布市との粘り強い折衝により、JAZZ ART 実行委員会と調布市との共催で、9月12日から15日にかけてせんがわ劇場と仙川フィックスホールで開催されることが決まった。今回は準備期間が短く、予算的に大変厳しい状況下で開催となるため、クラウドファンディングでのサポートを呼びかけている。

続きを読む

#1608 『藤井郷子 ピアノ・ソロ / Stone』

閲覧回数 10,201 回

普通のソロピアノではない。ピアノ全体が鳴り響いていることに、あらためて驚かされる。鍵盤を叩き、内部の弦をさまざまなやり方で鳴らし、それがピアノというひとつの楽器をしてオーケストラルなサウンド発生器たらしめている。

続きを読む

#1541『Mahobin / Live at Big Apple in Kobe』

閲覧回数 17,699 回

ロッテ・アンカー、モリイクエ、田村夏樹、そして藤井郷子。あまりにも個性的な音楽家の演奏が、見事な手腕により作曲作品として噛み合って、優れた舞台を観た後のような印象を残す作品。

続きを読む

#1522 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

閲覧回数 17,283 回

しかし、この「オーケストラ・ニューヨーク」の面々に、3.11の向こうに9.11が、そして、チェルノブイリ(86年)やスリーマイル島(79年)もイメージされていたとしてもおかしくはない。

続きを読む

#1517 藤井郷子/ソロ+オーケストラベルリン~ナインティナイン・イヤーズ

閲覧回数 17,811 回

最初は仰天するほど驚いたが、現在ではまた来たなという感じ。先に紹介した『ソロ』が還暦記念『月刊 藤井郷子』の第1弾で、第2弾が『KAZE/Atody Man』、このオーケストラ ベルリンが第3弾ということになる。

続きを読む

#1516 『藤井郷子オーケストラベルリン / Ninety-Nine Years』

閲覧回数 18,654 回

どこを切っても唯一無二の音がする、際立って「個性」的なオーケストラサウンドである。野生と構成との共存が見事であり、そこからはヨーロッパ的なものを感じ取ることができる。

続きを読む

Reflection of Music (Extra) Vol. 55 JAZZ ART せんがわ 2017

閲覧回数 45,005 回

「JAZZ ART せんがわ」がスタートしたのは2008年、今年遂に10周年を迎えた。商業主義とも単なる街興し的なお祭りとも一線を画した独自の路線を持つフェスティヴァルが続いたことは嬉しい。おめでとう!

続きを読む

#1431『ワダダ・レオ・スミス|田村夏樹|藤井郷子|イクエ・モリ/アスピレーション』

閲覧回数 20,504 回

ある意味、このカルテットはよく鍛えられた「デュオのデュオ」と言えないだろうか。

続きを読む

# 335 『Trouble Kaze / JUNE』

閲覧回数 17,900 回

トランペットはいかなる奏法も音の出口は探れるが、ピアノは、通常のマイキングから、エフェクトがかかると変更せざるをえない。

続きを読む

#73 悲喜交々

閲覧回数 49,131 回

そういえば、近年、シャープな技量と豊かな音楽センスを持つ若いドラマーが続々と出現している。日本という限られたマーケットの中でもドラムス分野から注目すべき人材が来日しているのをご存知だろうか。

続きを読む

#1343 『藤井郷子(Satoko Fujii)ジョー・フォンダ(Joe Fonda)/Duet』

閲覧回数 40,642 回

両者のこの演奏を聴いて、常に作曲者であるインプロヴァイザーと、現代音楽作曲家のスコア作品との明らかな違いがよく分かった。すこぶる興味深かった。

続きを読む

#71 食べある記 XVI

閲覧回数 40,907 回

16回目の今回は、ニューヨーク・リコリッシュ・アンサンブル、Satoko Fujii Quartet、くりくら音楽会~二台ピアノ大作戦、ニコール・ヘンリー(Nicole Henry)を食べ歩く。

続きを読む

9/17 藤井郷子 3CD同時リリース

閲覧回数 19,918 回

ピアニスト、コンポーザー、バンドリーダーとして東京とベルリンを拠点にワールドワイドに活動を展開する藤井郷子が、3枚の新作CDを同時リリースする。藤井は以前にも3CDの同時発売を実現しており、広い活動の幅を物語るものといえる。

続きを読む

Library #72 田中啓文著『聴いたら危険!ジャズ入門』

閲覧回数 11,448 回

「ジャズの過去を振り返る歴史書はあっても現在のジャズ・シーン、とくにフリージャズ・シーンを切り取ったガイドブックがなかったんです」

続きを読む