#97 『フリージャズ &フリーミュージック 1960~80:開かれた音楽のアンソロジー』(ディスクガイド編)
Free Jazz&Free Music 1960~80: Anthology for Open Music (Disc Guide)

閲覧回数 7,621 回

折角の労作である。再度、最後の詰めを期待したい。

続きを読む

#969 「注目すべき人々との出会い」を求めて

閲覧回数 20,686 回

このデュオ演奏、ぴったり予定通り20分だった。じつは最近、予定時間通りの演奏ができている。時間芸術としての音楽において、これは非常に大事なことではないか?しかも楽曲ではなく、即興演奏のアンサンブルでそれができるということは?

続きを読む

#90「G-Modern~Psychedelic, Avant-garde, Underground Magazine」 Vol.25

閲覧回数 36,081 回

G-Modern 25号を開いてみると、灰野敬二、JOJO広重、非常階段などの固有名詞があちこちに踊っている。表4の広告は灰野敬二のドラム・ソロのアルバムだ。そう、G-Modernは言ってみれば彼らの牙城だったのだ。

続きを読む