ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #63 Stanley Cowell <Welcome To This New World>

閲覧回数 40,277 回

去る2020年12月17日に他界したスタンリー・カウエル、Strata-East レーベルの創始者として歴史に名を残し、また数多くの作品を残したが、ネットに流れたほとんどの追悼記事はカウエルを過小評価されていたアーティストとした。カウエルの演奏を分析しているうちに彼の演奏の特殊性に気が付き、解説を試みた。また、彼が使用していたKymaシステムも解説。

続きを読む

#645 『Charles Tolliver / Connect』
『チャールス・トリヴァー/コネクト』

閲覧回数 9,758 回

近接サウンドの輪郭が音像の表面を構成。サウンドを浴びる感触がたまらない。

続きを読む

#1047 Charlie Parker Jazz Festival 2018 from August 22 to 26 in NYC. Vol. 1

閲覧回数 21,043 回

2018年に26回を迎えた、ニューヨークの夏の終わりを彩るチャーリー・パーカー・ジャズ・フェスティヴァル。そのメイン・コンサートの1日目、若手実力派シンガーのブリアナ・トーマスと、チャールズ・トリヴァー(tp)が自らのリーダー・デビュー作『Paper Man』のリリース50周年を記念して、当時のレコーディング・メンバーのゲイリー・バーツ(as)と、新たにバスター・ウィリアムス(b)、ジャック・ディジョネット(ds)、ジェイソン・モラン(p)を加えたスペシャル・クィンテットで出演した。

続きを読む