#01 『Kondo IMA21/Live Typhoon 19』

閲覧回数 5,025 回

しかし、カッコいい古稀がいるものである。近藤等則の功績のひとつを考えたとき、ジャズメンの姿から暗さや小難しいイメージを開放し、理屈抜きに「カッコいい」と一般に知らしめたことも外せない。そのプレゼンスそのものがひとつのアイコンであり、宇宙であった。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #60 近藤等則 <Metallic Bamboo>

閲覧回数 16,574 回

近藤等則は日本人にしかできないビート音楽を目指していたのだと思う。筆者にとってはマイルスの影響が強く聞こえ、かつマイルスがやらなかったディスコビートに賭けた近藤を分析してみた。彼の驚くほど豊富な斬新なアイデアや、洒落たコミカルな部分や、歌のうまさや、コロナ渦に入ってさらに自宅から5枚のアルバムを出すその精力。偉大なアーティストを亡くした。

続きを読む

9/27 DSDトリオ〜井上鑑、山木秀夫、三沢またろう at ブルーノート東京

閲覧回数 12,139 回

福山雅治バンドのグルーヴを生み出すエンジンでもあり、ファーストコールの3人が集結した希有のトリオが、世界の音楽の旅を繰り広げる。

続きを読む

#1969 『Kondo IMA21/Live Typhoon 19』

閲覧回数 15,692 回

警鐘となりえる芸術は、今どれほどあるのだろう。相も変わらず、商業主義の上に乗った現状を照らしただけの、描写的なものが幅を利かせているのではないか。近藤等則の音楽は、いつも根治的で潔い。直に病巣に斬り込む。何が急務なのかは、今の地球の悲鳴を聴けば明らかだろう。

続きを読む