時代を駆け抜けた近藤等則 chap chap Records 末冨健夫

閲覧回数 2,451 回

その後、エレクトリック・トランペットを演奏しTVで特番が放送されたりと、常に変化をし続ける姿は、歳を重ねる毎に益々輝いて見えた。

続きを読む

近藤等則の活動アーカイヴ〜ICPオーケストラ editor 稲岡邦彌

閲覧回数 2,471 回

彼が終生名乗っていた IMAは International Music Activity のイニシャルで(僕は密かにIMAは故郷の今治市の今と、現在の今にも通じると思っているのだが)、まさに音楽事業も彼の音楽活動の一環であることを表しているとおもう。

続きを読む

朱夏に〜近藤等則『日本の秋』

閲覧回数 2,929 回

毒・華・土性骨—これらを兼ね備えるステージ人は稀有である。
アーティストにとって最も大切なのは唯一無二の個性だが、近藤の音には一聴すればたちどころに誰だかわかる強烈なビートと香気がある。巧い/下手で語る次元が霞(かす)む毒性。その衝撃は、視覚よりもはるかに速い。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #40 「近藤等則とTokyo Meeting 1985」

閲覧回数 31,315 回

近藤等則、サムルノリ、姜泰煥ソウル・ジャズ・トリオという、いわゆる東アジアのミュージシャンたちが初めて一堂に会した画期的イベント。

続きを読む