#34 追悼するということ
「近藤等則 三回忌追悼コンサート」を見て

閲覧回数 5,505 回

そこで聴いたのは、これまでの経験から導き出された幾重にもアップデートされた音表現の現在地である。それでこそ追悼演奏なのだ。

続きを読む

#2170 『Peter Brötzmann, Milford Graves, William Parker / Historic Music Past Tense Future』

閲覧回数 19,741 回

音楽だけに留まらないミルフォード・グレイヴスの魅力と、それに感化された演奏家たちの交流のドキュメントとして、想像力を逞しくして味わい尽くしたい芸術品である。

続きを読む

【ミルフォード・グレイヴズ追悼】 ひとつの音、一人の人

閲覧回数 59,312 回

ミルフォード・グレイヴズ(1941-2021)の訃報を聞いて、「世界からひとつ音が消えた」という感慨に襲われた。気取った言い方かもしれないが、それだけ強烈な印象を残した音と人だった。

続きを読む

追悼 ミルフォード・グレイヴス photographer 桑原敏郎

閲覧回数 38,499 回

1977年、ミルフォード・グレイヴス初来日時のレコーディング・セッション(『Meditations Among Us』 (Kitty)より。

続きを読む

Jazz meets 杉田誠一 #112「ミルフォード・グレイブス」

閲覧回数 50,595 回

ミルフォードのあのシンプルなスワヒリ語が、「うたう」ことのルーツだとすれば、「間」に重きを置くミルフォードのドラミングは、「うた」そのものである。

続きを読む