#1196 「喜多直毅クァルテット/沈黙と咆哮の音楽ドラマ」

閲覧回数 10,300 回

各々の実験的な経験値は、遠くから忍び寄るメロディにそこはかとなく宿る。「聴かせる」のではなく「聞こえてくる」のだ。

続きを読む