#34 追悼するということ
「近藤等則 三回忌追悼コンサート」を見て

閲覧回数 4,693 回

そこで聴いたのは、これまでの経験から導き出された幾重にもアップデートされた音表現の現在地である。それでこそ追悼演奏なのだ。

続きを読む

#2205 『 近藤等則・梅津和時・土取利行 / ライヴコンサート1974』

閲覧回数 6,784 回

各々の音楽に対する「ブレのなさ」は、即興とはいえ胸のすくようなパノラマと壮麗な構築性を「結果として」もたらしている。

続きを読む

#2078 『近藤等則&土取利行 / Live Concert Tokyo 1973』

閲覧回数 27,994 回

この1973年の近藤-土取デュオにまず感じられるのは、「ふたつの個体の全き独立」だ。音量の如何に関わらず、互いを決して邪魔しない。もたれ合わずに、互いが互いを内包してゆく。激しいクラッシュにも、理屈っぽい淀みがない。体感がすべてである。美しい。

続きを読む