Column on This Issue

  • Reflection of Music vol. 51 アリルド・アンデルセン(アーリル・アンダーシェン)

    アリルド・アンデルセンはノルウェーのジャズ・レジェンド。彼の60年代からのキャリアを辿ってみると、ノルウェーのジャズ受容史が見えてくる。

    Share Button
  • Miles & Hermeto

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #15 『Nem Um Talvez』

    エルメートがマイルスに提供したこの恐ろしく美しい曲。正しいフォームとコード進行があまり知られていないこの曲を解説。

    Share Button
  • Kansas-51-01

    51. A Touch of Love : ジェネヴァ・プライスからの贈り物

    2016年の大晦日。カンザス・シティの女性ヴォーカル・グループ、ワイルド・ウィメン・オブ・カンザスシティのシンガー、ジェネヴァ・プライス(Geneva Price)からギフトが届いた。37年前の彼女のファーストレコーディングのコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックの<A Touch of Love>。新しい年、2017年に向け、大きなモチベーションになった。

    Share Button
  • #26 Racha Fora (ハシャ・フォーラ)Japan Tour 2016

    ブラジル色を強く打ち出してきたRacha For a(ハシャ・フォーラ)が今年はジャズに重心を移し、自由に動けるようにとフルート、ギター、パーカッションのトリオ編成を基本としてチャレンジしてきた。

    Share Button
  • #33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

    僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

    Share Button

Column 全記事 ➡︎

Share Button