Column on This Issue

  • Misha Mengelberg @Moers Festival 1992

    Reflection of Music vol. 52 ミシャ・メンゲルベルク

    ミシャ・メンゲルベルクはヨーロッパの音楽シーンにおける60年代のパラダイム転換を象徴するミュージシャンだった。

    Share Button
  • Misha Mengelberg: Four In One

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #17 『Hypochristmutreefuzz』

    エリック・ドルフィーの<Last Date>でしかミシャ・メンゲルベルクの名を知らなかった筆者、訃報をきっかけにミシャのフリー・インプロバイザーとしての実力やICPなどでの活躍を知るが、フリー・インプロバイザーとジャズとを両立できる数少ないアーティストとして感銘を受け、ジャズ・プレーヤーとしてのミシャを解析して見た。

    Share Button
  • ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 『山下和仁+ラリー・コリエル /ギター・オデッセイ: 四季』

    背筋を伸ばし上半身を直立させて弾くラリーに対し、背中を丸めギターのボディに覆いかぶさるようにして弾く山下。この姿勢はおそらく大きなギターを抱え込んで弾いていた幼少の頃の癖が抜けきれないのだろう。

    Share Button
  • Live Evil #26 「横田明紀男レコ発インストア・ミニライヴ」

    デコラティヴな奏法ながら全体としては設計のしっかりした構成美に富んだ横田の演奏からはどこかガウディの建築が想起されたといえば言い過ぎだろうか。

    Share Button

Column 全記事 ➡︎

Share Button