Column on This Issue

  • Reflection of Music Vol. 54 ジェリ・アレン

    女性ミュージシャンのジャズ界への貢献ということならば、メリー・ルー・ウィリアムズに続くものではないだろうか。意志の強さを感じさせる明確なタッチとリリシズムを内在させた明晰なピアニズムは、時代を超えて聴き継がれていくに違いない。

    Share Button
  • ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #21 ジェリ・アレン<RTG>

    1トラック目から聴き始め、ぶっ飛びまくった。カーターとウイリアムスのグルーヴはマイルス時代よりさらに進化しているのに加え、ジェリは抜群のタイムの位置でグルーヴしまくりだ。

    Share Button
  • ある音楽プロデューサーの軌跡 #37 「ECM スーパー・ギター・フェスティバル」
    〜故伊藤博昭さんを偲んで

    このギター・ファンが狂喜すると思われたフェスは半ば成功、半ば失敗に終わった。

    Share Button
  • Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド ー覚醒への旅ー4

    彼は登山を趣味とし、今回は休暇を取りスイスのアイガーに挑戦するとのこと。 その前に、フィレンツェを訪ね、南仏コートダジュールを経てスペイン、アフリ カ、サハラ砂漠へ行きたいという話を聞くに至り、ダラハ君日和ってるバヤイじゃ ないぞ!

    Share Button

Column 全記事 ➡︎

Share Button