JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 47,998 回

Local(国内)News

8/16 加藤真亜沙『Solúna』 at 丸の内コットンクラブ

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

加藤真亜沙 Martha Kato “Solúna”
2023年8月16日(水) 18:00 20:30 コットンクラブ (東京・丸の内)
公演の詳細はこちら

加藤真亜沙 (p,vo)
広瀬未来 (tp,flgh)
西口明宏 (ts)
土井徳浩 (fl,cl,ss,bcl)
​駒野逸美 (tb)
Moto Fukushima (b)
小川慶太 (ds,per)

愛知県出身でニューヨークを拠点に活躍する作曲家・ピアニスト加藤真亜沙。第63回グラミー賞で2部門でノミネートされた『Remy Le Boeuf / Assembly of Shadows』にピアニストとして参加している。コットンクラブでは2022年の『Solúna』リリースライヴより1年ぶりの登場となる。
加藤は幼少よりクラシックピアノと作曲を学び、高校在学中にビル・エヴァンスの音楽に出会いジャズに傾倒。2009年渡米し、ニュースクール大学でケヴィン・ヘイズ、アーロン・ゴールドバーグ、ロバート・サディン、レジー・ワークマン等に師事。在学中より演奏活動を行い、同大学を2013年に卒業後、奨学金を得てジュリアード音楽院ジャズ科修士課程に入学しケニー・バロンに師事。2012年「ASCAP Foundation Young Jazz Composer Awards」、2014年「ASCAP Foundation Herb Alpert Young Jazz Composer Award」を受賞。「モントルー・ジャズ・ソロ・ピアノ・コンペティション・イン・かわさき2014」準優勝。2016年にデビューアルバム「Tales from The Trees / アンモーンの樹」を発表。色彩感覚溢れた完成度の高いアルバムはシーンで話題となった。新進気鋭の作曲家を紹介するニューヨークのイベント「Jazz Composers’ Showcase」にも選出され、ニューヨークを拠点に幅広い活動を続けている。
今回の公演には日本で活躍するトップ・ミュージシャンと共に、『Solúna』のレコーディングメンバーである小川慶太とMoto Fukushima(House of Waters)のふたりがニューヨークより参加する。2023年7月には、ジャズ・アット・リンカーンセンターのでの公演を成功させた。

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください