JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 46,376 回

Local(国内)News

9/29 『マイケル・ブレッカー伝 -テナーの巨人の音楽と人生-』刊行
ブレッカー・ブラザーズ・バンド・リユニオンが来日決定!

2007年1月、57歳の若さで逝ってしまったコンテンポラリー・サックスの巨人マイケル・ブレッカーの音楽と人生のすべてを描いた伝記『マイケル・ブレッカー伝 -テナーの巨人の音楽と人生-』が、9月29日、DU Booksから刊行予定。原著は『Ode to a Tenor Titan~The Life and Times and Muisc of Michael Brecker』で著者は『ジャコ・パストリアスの肖像』でも知られるビル・ミルコウスキー、邦訳は山口三平。A5版464頁で予価は本体3,200円。
マイケル・ブレッカーは1949年3月ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。ジョン・コルトレーンを敬愛、追求し続けながら、「ブレッカ ー・ブラザーズ」、「ステップス・アヘッド」で一世を風靡、さらに 数々のポップスターからも愛され評価され、参加録音作品は900枚を超え、グラミー賞には通算13回輝く実績を持つ。
ビルの2 年にわたる膨大な取材を通じ、著名人/ミュージシャン/家族ら計 100 名を超えるインタビューやエピソードを基に、不世出の天才 を育んだ幼少期・学生時代、サックスと音楽、薬物との闘いと啓 蒙、白血病との戦いを経て57 歳での早すぎる死まで、マイケル・ブレッカーの人生の すべてが描かれている。
なお、邦訳の刊行を記念し、10月27日~29日、ブルーノート東京での「ブレッカー・ブラザーズ・バンド・リユニオン」の公演が決定している。
♫ 邦訳の詳細は;https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK338
*書影は原著。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください