4/23〜 魂のドキュメンタリー『カリプソ・ローズ』日本初公開へ

閲覧回数 7,484 回

“何も私を止めることはできない” “生きているうちにやりたいことがあればやりなさい” (カリプソ・ローズ)

80歳にして未だ世界中を飛び回り精力的に活躍する、現役カリプソ歌手 “カリプソ・ローズ” の苦悩と 栄光の人生を描いたドキュメンタリー映画『カリプソ・ローズ』の日本初公開が決定、現在、4/23(金)ユーロスペース(渋谷)、アップリンク吉祥寺を皮切りにシアターセブン(大阪)、アップリンク京都、神戸アートビレッジセンターでの上映が予定されている。
本映画『カリプソ・ローズ』は、世界的な地位を築きながら、いまだ明かされることのなかった彼女の衝撃の人生を描いた映画で、里子、闘病、女性差別、性的暴行…自身の口から語られる人生の苦難、それを乗り越え築き上げた数々の 功労と地位、そして奴隷として連れてこられた祖母の故郷、西アフリカの地への回帰など単なる音楽映画にとどまらない、人生そのものを考えさせられる人間味溢れる映画に仕上がっている。
花は強く咲き、歌う・・・「みんなを幸せにすることに自分を捧げたい」と語るカリプソ・ローズの 圧倒的な存在感と魂を揺さぶる本物の強さを目の当たりにできる映画といえよう。
カリプソ・ローズ は、本名ローズ・マッカーサ・リンダ・サンディ・ルイスでトリニダード・トバゴのトバゴ島生まれ。 長年にわたりシンガー・ソングライターとして800曲以上作曲し、20枚を超えるアルバムを発表、 “カリプソの母””カリプソの女王”と称される。世界初の女性カリプソ・スターであり、彼女の歌詞は 人種差別や性差別などの社会問題にも頻繁に向き合う。

映画「カリプソ・ローズ」(原題:Lioness of the Jungle)  概要
監督・脚本:パスカル・オボロ
出演:カリプソ・ローズ、マイティー・スパロー、キム・ジョンソン 他
2011年 / トリニダード・トバゴ、フランス/ 英語/ カラー 約 85 分/ 16:9
配給: LIME Records
PR: KONTACTO EAST, LTD
特別協力: jitto.inc (C) Maturity Music / Dynamo Productions / TTFC

公開日程:(1月10日現在)
4月 23 日 (土) アップリンク吉祥寺
https://joji.uplink.co.jp
4月 23 日 (土) ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp
5月 21 日 (金) アップリンク京都
https://kyoto.uplink.co.jp
5月 22 日 (土) シアターセブン(大阪)
https://www.theater-seven.com
5月 22 日 (土) 神戸アートビレッジセンター
https://www.kavc.or.jp
全国順次公開予定

公式サイト https://calypsorose.jp
(*チケット販売は随時サイトにて発表)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。