4/28~5/09 デビュー10周年記念〜寺久保エレナ・カルテット・ツアー 2020

閲覧回数 5,202 回

ニューヨークを拠点に活動するサックス・フレイヤー寺久保エレナが、自身のカルテットを率いて4~5月に国内 ツアーを予定している。今回は、ヒアノにニューヨーク出身の新星デイヴィッド・ブライアントを帯同、ベース、ドラムスは、これまで通り鉄壁のリズム・セクション、金森もといと高橋信之介が務める。

寺久保は、昨年4月に自身初となるライヴ・アルバム『ABSOLUTELY LIVE!』をリリースし、1年間にわたり精力的に日本各地でライヴを展開してきた。『ABSOLUTELY LIVE!』は、レキュラー・カルテットによる新宿ヒットインのライヴを収録したもので、クルーフとしての充実ぶりを示す素晴らしい内容との評価が高く、3月13日には45回転・高音質のアナロクLPとして発売されることが決まっている。

寺久保エレナは、2010年高校3年生のときにアルバム・デビューを果たし大きな注目を集めた逸材。2015年にハークリー音大を卒業後はニューヨークに移住、自身のグループを中心に意欲的に活動を続けている。2019年 4月末には、ケニー・バロン・カルテットの一員としてニューヨークの名門ジャスクラぶ「ディジーズ・クラブ」で3デイズ・ライヴ出演を果たした。

デビュー10周年を迎え進境著しい寺久保エレナの、今年初のツアーに期待したい。

寺久保エレナ・カルテット・ツアー2020

寺久保エレナ・カルテット:
寺久保エレナ(as) デイヴィッド・ブライアント(p) 金森もとい(b) 高橋信之介(ds)

4月28日(火) 京都・Live Spot RAG
4月29日(水・休) 福井・北ノ庄クラシックス
4月30日(木) 金沢・もっきりや
5月1日(金) 大阪・Mr. Kelly’s
5月2日(土) 神戸・100BANホール
5月3日(日) 高槻・現代劇場ほか 「高槻シャスストリート」
5月4日(月・休) 名古屋・名古屋フルーノート
5月5日(火・休) 長野・ハックトロップ
5月6日(水・休) 安曇野・いさつ歯科医院
5月7日(木) 甲府・桜座
5月8日(金) 東京・銀座スウィング
5月9日(土) 取手・取手市民会館大ホール

問)有限会社ジャムライス TEL: 03-3478-0331 http://www.jamrice.co.jp/

CD「アブソルートリー・ライヴ!』
https://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICJ-821/
LP「アブソルートリー・ライヴ!』
https://www.kinginternational.co.jp/genre/kkc-1157-58/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。