2/23(水)18:00~BS1「マイライフ・イン・ニューヨーク/ある日本人ピアニストの再起」
ヘイトクライムにより重症を負ったジャズ・ピアニスト海野雅威の再起に向けた道のり

閲覧回数 15,736 回

photo above © John Abbott

2020年9月、地下鉄の通路で黒人の少年8人に、「中国人は出ていけ」という言葉を投げつけられ、15分間にわたって暴行を受け、ピアニストの命とも言うべき右肩を複雑骨折したNY在住のジャズ・ピアニスト海野雅威(うんの・ただたか)の再起のストーリー。
海野の事故については、昨年、Nスぺ「この素晴らしき世界」でも取り上げられたが、今回は、完治とは言えないまでもCDを録音する程度にまでは癒えたその後を追う。

BS1スペシャル「マイライフ イン ニューヨーク ある日本人ピアニストの再起」
02/23(水)18:00~18:50


海野の新作アルバムは以下の通り;
海野雅威アルバム『Get My Mojo Back』
2022年3月2日(水)発売予定
SHM-CD仕様 UCCJ-2204 ¥3,300(税込)
Verve/ユニバーサルミュージック
試聴・予約:
https://Tadataka-Unno.lnk.to/GetMyMojoBackPR

 

海野雅威(p, celesta)
ダントン・ボーラー(b)
ジェローム・ジェニングス(ds)
エディ・アレン(tp)
クリフトン・アンダーソン(tb)
アンソニー・ウェア(as, ts)
ヴィクター・シー・ユーエン(per)
2021年7月&9月、ニューヨーク、ブルックリン・レコーディングにて録音

なお、アルバムから「イズント・ジス・ゲイト・ワーキング?」が先行配信されている。

♫ 本誌関連記事(インタヴュー)
https://jazztokyo.org/interviews/post-57637/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。