7/09 木村まり、ジム・オルーク、すずえり

閲覧回数 2,616 回

Mari Kimura @Super Deluxe 2016

ニューヨークと南カリフォルニアを拠点に活動しているヴァイオリニスト/作曲家木村まりが帰国、7月9日新宿ピットイン(昼の部)でライヴを行う。

木村まりは、最新テクノロジーを駆使した演奏・作曲を行う音楽家で、ヴァイオリニストとして、ニューヨーク初公演時より注目され、日本でも東京交響楽団、東京フィル他とソリストとして共演している。調弦を変えずにG線より1オクターブ下の音を弾くサブハーモニクスでも反響を呼び、この技法を反映した作品を書いている。作曲家としては、アメリカ現代音楽協会賞を始めとする数多くの賞を受賞、IRCAMレジデント作曲家に選ばれた。また、インタラクティブ・コンピュータ・ミュージックの分野でも先駆的な存在で、2017年よりカリフォルニア大学アーヴァイン校「作曲・即興・テクノロジー統合学科」の教授を勤め、コロナ禍の2020年にはプロトタイプのモーションセンサーMUGIC®を市場に送り出している。

即興演奏家としては、ヘンリー・カイザー、ジム・オルーク、ジョエル・ライアン、エリオット・シャープ、ミシェル・ドネダ、エヴァン・パーカー、ヴィジェイ・アイヤー、スティーヴ・リーマン等錚々たるインプロヴァイザーと共演、JAZZARTせんがわと交流関係にあるカナダのFestival International de Musique Actuelle Victoriaville (FIMAV)、ムジーク・アクシオン(フランス)、LMCフェスティヴァル(ロンドン)などに出演してきた。

今回の新宿ピットインでのライヴでは、日本で多彩な活動を続けているジム・オルーク、そして自作装置やピアノでの即興演奏も行なっているサウンド・アーティストのすずえりと共演する。詳細は下記のとおり。

日時:7月9日(土)開場13:30 開演14:00
場所:新宿ピットイン(昼の部)
料金:¥3,300税込 (1DRINK付)予約受付中
出演:木村まり(vln)  ジム・オルーク(未定)  すずえり(p,toy-piano,objects)

この他、木村まりは7月16日に藤倉大がアーティスティック・ディレクターを務めるボンクリ・フェスでも「ヴァイオリンとモーション・センサーの部屋」でワークショップ・コンサートを行う予定である。(→リンク

all photos by Kazue Yokoi

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。