6/19 木住野佳子トリオ+ストリングス@BlueNote東京
父の日のスペシャル・ディナーコースあり

閲覧回数 4,956 回

1年ぶりに木住野佳子がブルーノート東京に帰ってくる。トリオにストリング・カルテットを伴った父の日のスペシャル・プロジェクト。特別なディナー・コースも用意されているという。
木住野佳子は、優美で端正なピアノ・プレイで幅広い音楽ファンを魅了している実力派ピアニスト、桐朋学園大学音楽学部でクラシックを学んだのち、新たな方向性をジャズに求めた。1995年には名門GRPレーベルから日本人初のインターナショナル・アーティストとしてデビュー。コンスタントな作品リリースと精力的な演奏活動を展開、人気、実力ともにトップ・アーティストの地位を築いている。ジャンルを超えたコラボレーションにも定評のある木住野が今回選んだのはトリオwithストリングス・カルテット。美しい音色が織りなす、木住野ワールドの真骨頂ともいうべきエレガントなジャズを期待したい。

木住野佳子(ピアノ)Yoshiko Kishino(p)
早川哲也(ベース)Tetsuya Hayakawa(b)
加納樹麻(ドラムス)Juasa Kanoh(ds)

ストリング・カルテット

2022年6月19日(日)7時30開演 ブルーノート東京
詳細は;
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/yoshiko-kishino/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。