11/09 今井和雄カルテットCD『HAS THE FUTURE BECOME THE PAST』リリース
11/24、1/12 CDリリース記念ライヴ
12/10 マージナルコンソート@横浜 BankART KAIKO

閲覧回数 2,419 回

高柳昌行関連の音源をリリースしてきたJinya Discから、今井和雄カルテットのCD『HAS THE FUTURE BECOME THE PAST』が11月9日にリリースされた。

今井和雄は、高柳の私塾「煉塾」に通っていたひとりで、卒業できたの唯一の生徒である。その今井が数年前に、時期は異なるが「高柳昌行ニュー・ディレクション・ユニット」のメンバーだった山崎比呂志、井野信義、藤堂勉(藤川義明)をメンバーに「今井和雄カルテット」での活動をスタートした。CDは、2020年12月「なってるハウス」での録音。メンバー各々独自に探求してきた日本のフリージャズの集成であり、タイトルが示唆するようにフリージャズについて再考を促すようなサウンドだ。

CDリリースを記念して、11月24日に「なってるハウス」、来年1月12日には新宿ピットインで今井和雄カルテットのライヴが行われる。

『HAS THE FUTURE BECOME THE PAST』CDリリース記念
11月24日 東京・入谷  なってるハウス
出演:今井和雄 (g)   藤堂勉 (sax)   井野信義 (b)   山崎比呂志 (ds)
開場:19:00  開演:19:30
料金:2500円
電話: 03-3847-2113
メール:knuttelhouse★gmail.com
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい

1月12日 東京・新宿ピットイン
出演:今井和雄 (g)   藤堂勉 (sax)   井野信義 (b)   山崎比呂志 (ds)
開場:19:00  開演:19:30
料金:3300円(税込、1ドリンク付)
電話:03-3354-2024

また、今井和雄が結成した美学校小杉武久教場の同期生(越川友尚、椎啓、多田正美)による集団即興のプロジェクト「マージナル・コンソート (Marginal Consort)」のライヴが12月10日に行われる。このプロジェクトは1997年にスタートし、東京では年一回継続的にライヴが行われてきたが、コロナ禍で一時中断。昨年横浜BankART KAIKOで再開、今年も同会場で行われる。4人のメンバーが楽器、エレクトロニクス、さまざまな素材(非楽器)を用いて途切れなく空間的なサウンド・インプロヴィゼーションを繰り広げる海外でも評価の高いユニットを体験する貴重な機会だ。

Marginal Consort マージナル コンソート
12月10日(土)横浜  BankART KAIKO
住所:横浜市中区北仲通5-57-2 北仲ブリック&ホワイト1F(みなとみらい線馬車道駅2a出口徒歩1分)
出演:今井和雄   越川知尚   椎啓   多田正美
開場:17:30 開演:18:00
(演奏は3時間、その間歩き回ったり、寝たり、飲んだり、出入り自由)
料金:前売3500円 当日4000円
問い合わせ:marginalconsort★gmail.com   tel: 070-3239-2045
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい。

【関連記事】

Reflection of Music Vol. 82 マージナル・コンソート
https://jazztokyo.org/column/reflection-of-music/post-72996/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。