3/15 スイスINTAKTレーベルからステファン・クランプとフレッド・フリスの新譜リリース

閲覧回数 6,700 回

アメリカ・テネシー州メンフィス出身のベーシスト、ステファン・クランプの新作『Channels』は、スイスINTAKTレーベルでの6作目。テナーとソプラノ・サックスのイングリッド・ラウブロック、クラシックとジャズを横断するピアノのコーリー・スマイスとのトリオで2017年12月1日、スイスのun-erhört-Festivalでのライヴ録音。

フレッド・フリス(g) の新作『All Is Always Now-Live At The STONE』は NYダウンタウンのクラブ「Stone」でのライヴ録音集。フリスは「STONE」で2006年から2016年にかけ80回のコンサートを行なっているが、その中からローリー・アンダーソン (violin, keyboards, electronics)、ポーリン・オリヴェロス (accordion)、シルヴィー・クルヴァジェ(piano)、エヴァン・パーカー (saxophones) 、ネイト・ウーリー (trumpet)、イクエ・モリ (electronics)らとの演奏23曲を収録したもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。