9/22-10/14 高崎音楽祭 ラルフ・タウナー、酒井茜&マルタ・アルゲリッチ、サンチャゴ・バスケス&シシド・カフカ

閲覧回数 1,201 回

高崎音楽祭
TAKASAKI MUSIC FESTIVAL 2019

2019年9月22日〜10月14日


ラルフ・タウナー〜アコースティックギターの祭典
2019年9月29日(日) 17:00 高崎芸術劇場 音楽ホール
Ralph Towner ラルフ・タウナー(g) [ゲスト]FRET LAND(鬼怒無月、有田純弘、竹中俊二)
ECMを代表するギタリストであり、オレゴンをはじめ今に至るまで活躍を続けるラルフ・タウナーが18年ぶりに来日し、一夜だけのソロコンサートを行う。この貴重な機会を聴き流さないようにしたい。


酒井茜&マルタ・アルゲリッチ ピアノ・デュオ・リサイタル
2019年9月29日(日) 17:00 高崎芸術劇場 大劇場
酒井茜、マルタ・アルゲリッチ(p)
モーツァルト/4手のためのピアノ・ソナタ ニ長調 K.381/123a
プロコフィエフ(プレトニョフ編曲)/組曲《シンデレラ》 op.87
ストラヴィンスキー(自身による4手編曲)/春の祭典
名古屋出身、ブリュッセル在住のピアニスト酒井茜。彼女を高く評価するアルゼンチン出身のマルタ・アルゲリッチのデュオ。しかし、ラルフ・タウナー・ソロ・コンサートと同時だ!!


el tempo directed by シシド・カフカ/サンティアゴ・バスケス
ドラムボーカルのスタイルでデビューし、今や女優としても活躍するシシド・カフカ。アルゼンチン・ブエノスアイレス発祥の即興リズムイベント「el tempo」をプロデュース。アルゼンチンが生んだ鬼才、サンティアゴ・バスケスを迎え、ノンストップで圧巻の演奏を披露する。メンツがOrchesta Nudge! Nudge!とかぶっている。
2019年10月14日(月・祝)[1部]14:00 [2部]18:30 高崎芸術劇場 スタジオシアター
シシド・カフカ、サンティアゴ・バスケス、Izpon、岩原大輔、岡部洋一、金子ノブアキ、ケイタイモ、Show、はたけやま裕、MASUO、芳垣安洋

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。