12/22-25 サラ・マッケンジー〜コットンクラブ・クリスマス公演

閲覧回数 2,836 回

Cover photo by Oscar May

Special Christmas Nights with
SARAH McKENZIE
サラ・マッケンジー

2019年12月22日(日) 17:15、20:30
2019年12月23日(月)〜25日(水) 18:15 21:00
Sarah McKenzie (vo,p) Hugo Lippi (g)
Pierre Boussaguet (b) Sebastiaan de Krom (ds)

オーストラリア・メルボルン出身のヴォーカリスト&ピアニストのサラ・マッケンジー。モダンで切れがよいのに暖かくなる心地よいピアノで、音数少なめでも豊かな空気感を生み出す。絶妙なバンドアンサンブル、そして透明な声質と、素晴らしいバランスのサウンドを安定して生み出すアーチストとして注目だ。パースのウエスト・オーストラリアン・アカデミー・オブ・パフォーミング・アーツ、アメリカのバークリー音楽大学を経て、2015年にワールド・デビュー。2017年、ノラ・ジョーンズやグレゴリー・ポーターの作品でも知られるブライアン・バッカスをプロデューサーに迎えた『Paris in the Rain』(Impulse!)が成功を収め、2019年に『Secrets of My Heart』(Normady Lane)をリリースしている。クリスマス曲から、スタンダード、オリジナルまでその魅力を楽しみたい。公演の詳細はこちら

今回、おもしろいと思ったのは、シニアソムリエ福地セレクト「ペアリング・ワイン・コース」という名称のオプションがあること。シニアソムリエ福地亘(ふくちわたる、または、ムッシュ)の存在は、一部ジャズファンには、コットンクラブに足を運ぶ理由になるほど。世界のあらゆる飲み物に貪欲にかつそれぞれ集中して取り組み、ワインの知識の高さは言うまでもなく、日本酒、ビール、シェリー、テキーラ、中国茶、野菜などの資格も持つ。なお隣接する「Resonance」のソムリエも兼任する。ジャズライブに美味しいワインの提案をもらうのも楽しい。

Montreux Jazz Festival 2017
Sarah McKenzie (vo, p), Geoff Gascoyne (b)
Hugo Lippi (g), Donald Edwards (ds) Warren Wolf (vib)

JAZZ SAN JAVIER 2018.

Paris In The Rain

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。