1/6-7 ジャズ・モーメンタム 2023 at コットン・クラブ

閲覧回数 1,939 回


(Interview: About Jazz Momentum 2023 -Part.1- “Standard”)

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

ジャズ・モーメンタム
JAZZ MOMENTUM
コットンクラブ
(東京・丸の内)
2023年1月6日(金) 17:30 20:30
2023年1月7日(土) 15:30 18:30
原 朋直 (tp) 松井秀太郎 (tp)
松原慎之介 (as) 佐々木梨子 (as)
川嶋哲郎 (ts) 曽我部泰紀 (ts)
壷阪健登 (p) 苗代尚寛 (g)
金澤英明 (b) 小田桐和寛 (ds)
Special Guest; 森山威男 (ds) 峰 厚介 (ts, 1/6のみ)
Navigator:臼井ミトン

新年の1月6日と7日、東京・丸の内のコットンクラブで、気鋭の若手ミュージシャンと中堅のミュージシャンが集うセッション「Jazz Momentum」が開催される。スペシャル・ゲストとして森山威男、峰 厚介(6日のみ)も参加する。今回は「伝統」「創造」「即興」をコンセプトに、ジャズ史を彩る名盤からのナンバーをこの日限りのアレンジで演奏し、またメンバーのオリジナル曲も演奏する。この企画には、惜しまれながら閉店した秋葉原・岩本町「TOKYO TUC」元プランナー 田中紳介も大きく影響を与えている。田中と川嶋哲郎、によるインタビューもYouTubeにアップされているのでご参照いただきたい。同楽器に複数のメンバーがいることも含め世代を超えた熱いセッションと斬新なサウンドを楽しみにしたい。

ピアノの壷阪健登については、筆者がMy Pick 2022国内ディスクに、壷阪健登と石川紅奈による『soraya/BAKU – 耳を澄ませて』を選んでおり、ドラムスの小田桐和寛については、RINA Trio ライヴレポートで取り上げているのでご参照いただければ幸いだ。 なお、壷阪も小田桐も、黒田卓也バンドへの参加、小曽根真に招かれてのブルーノート東京への出演も含め、活躍の幅を広げている。

Interview: About Jazz Momentum 2023 -Part.2- “Roots”
田中紳介(元 秋葉原TOKYO TUCプランナー)、川嶋哲郎、苗代尚寛

参考 <MILESTONES>
Jazz Momentum 2022 at COTTON CLUB Live 2022

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。