5/10-23 ららら♪クラシック「Road to ベートーベン」〜La Folle Journée de Nantes 2020

閲覧回数 1,269 回

「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019」の音楽の旅が終わり、2020年の東京での開催は未発表だが、その本家フランス・ナントで2020年2月頃に開催される「La Folle Journée de Nantes 2020」のテーマは、生誕250周年を迎える「ベートーヴェン」と決定している。ベートーヴェンを育み、創作の舞台となった街ウィーンと、ピアノ・ソナタを取り上げる番組が放送される。

ららら♪クラシック「Road to ベートーベン」

楽聖を育てた街 ウィーン 〜平野昭

(音楽学者)
2019年5月10日(金) 21:00−21:30 NHK Eテレ
2019年5月16日(木) 10:25-10:55 NHK Eテレ
(1)名曲の種があちこちに (2)ピアノの発展と共に (3)作曲こそが生きる目的

楽聖の魂 ピアノ・ソナタ 〜仲道郁代(ピアニスト)
2019年5月17日(金) 21:00−21:30 NHK Eテレ
2019年5月23日(木) 10:25-10:55 NHK Eテレ
(1)スペシャル・メドレー (2)「月光」の響き生み出すペダル (3)「悲愴」のモチーフ七変化

同番組では、前週にタンゴについて取り上げることも紹介しておく。

「タンゴの真実~その歴史からピアソラまで~」
2019年5月9日(木) 10:25-10:55 NHK Eテレ
ピアソラ:ブエノスアイレスの冬
久石譲:君をのせて (小松亮太:編曲)
小松亮太(バンドネオン)、近藤久美子(バイオリン)、田中伸司(コントラバス)、鈴木厚志(ピアノ)、鬼怒無月(ギター)
ロドリゲス:「ラ・クンパルシータ」
カルロス・ガルシーアとタンゴ・オールスターズ

LFJ Nantes 2020に話を戻すと、ベートーヴェンの革新性について記述された本として、松田亜有子「クラシック音楽全史」(ダイヤモンド社)をお勧めしておきたい。

アバター

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。