6/29 (本日千秋楽@渋谷)齊藤易子+藤井郷子 2019年梅雨明け前 二つの鍵盤、五つの演奏会

閲覧回数 7,302 回

昨年ベルリンからKokotob で来日、大きな話題を喚起したヴィブラフォンの齊藤易子とピアノの藤井郷子が、6月29日から「二つの鍵盤」によるコンサートを5回開催する。秘技の応酬が予想されるふたりの女傑による対決はけだし聴きもの(見もの?)。

6/22(土)20:00 start愛知県吉良町『intelsat』090-9028-6186
予約¥3000 当日¥3500 (どちらも+ドリンク)

6/24(月)19:30 start梅田『ALWAYS』06-6809-6696
予約¥2500 当日¥3000 (どちらも+ドリンク)

6/25(火)19:30 start松山『Live & Restaurant Bar “Monk”』089-945-9512
予約¥3500 当日¥4000 (どちらも+ドリンク)

6/27(木)19:30 start 神戸『旧グッゲンハイム邸』078-220-3924
予約¥2500 当日¥3000

6/29(土)14:30 start渋谷『公園通りクラシックス』03-6310-8871
予約¥3000 当日¥3500 (どちらも+ドリンク)

総合問合せ:Suika Music natsat@mac.com

齊藤易子 Taiko Saitoh (vibraphone)

札幌市出身。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ、ベルリン芸術大学ジャズ科修了。 札幌交響楽団、メアリー・ハルヴァーソン、内橋和久、他と共演。現代作曲家のソフィア・グバイデュリナや、ドイツ演劇監督ヘルベルト・フリッチュ、小金沢健人、Shing02、マークス・アッヒャー(The Notwist)らのプロジェクトに参加する 等、ベルリンを拠点に様々な分野で活動を展開する。安倍圭子、デヴィッド・フリードマン、赤松敏弘、真貝裕司に師事。コオロギ・マリンバ専属アーチスト。http://www.taikosaito.net

藤井郷子 Satoko Fujii  (piano/composer)

バークリー音楽院、ニューイングランド音楽院でポール・ブレイ、ジミー・ジュフリー、ジョージ・ラッセル、ジョー・マネリ等に学び、国内外でソロから15人編成のバンドまで主宰して演奏活動。リーダーとして90枚超のアルバムをリリース。ジャズ・ジャーナリスト協会の作曲家賞にノミネート、ダウンビート誌評論家投票(アメリカ)作曲家、作曲家新人賞、編曲家、ピアニスト、ビッグバンドの5部門で選出、ニューヨークシティー・ジャズ・レコード紙とEl Intrusoの2018年5名のアーティスト・オブ・ザ・イアーの一人に選ばれる。究極のゴールは「誰も聴いた事がないような音楽を作る」

♫ 関連記事
https://jazztokyo.org/interviews/post-28818/
https://jazztokyo.org/reviews/kimio-oikawa-reviews/post-19157/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。