9/16〜20 JAZZ ART せんがわ

閲覧回数 1,563 回

第13回目を迎えるJAZZ ART せんがわ、昨年より「JAZZ ART 実行委員会」による運営になったが、コンセプトの「野生に還る音 親密な関係 生きる芸術」は引き継がれ、調布市せんがわ劇場を会場に9月16日から20日にかけて開催される。

今年は「コロナウイルス vs ミュージック」、昨年は存続危機を乗り越えての開催だったが、こんどは新型コロナウイルスという難敵が現れてしまった。恒例だった公園ライヴ、ケベック州ヴィクトリアヴィルで開催されているFestival International de Musique Actuelle Victoriaville (FIMAV)との交流プログラム、来日ミュージシャンの出演等は中止せざる得なかったが、国内ミュージシャンによるステージが5日間に亘って繰り広げられる予定。なお、初日のプロデューサー3名によるJAZZ ART TRIO(坂本弘道、藤原清登、巻上公一)公演はスペシャルゲストを迎え、2012年から2018年にかけて毎年JAZZ ART せんがわに出演した沖至(8月25日パリで逝去)への追悼ステージとなる。

コロナ対策の関係から、観客の上限は50名(定員121名)とし、客席の消毒、公演中も10~15分程度の換気を行うなど対策を徹底するとのこと。同時に、会場に足を運べない人のために有料でライヴ配信も行う。また、JAZZ ART せんがわ開催期間中の広告塔的な役割を果たしてきた極小ライブ空間「CLUB JAZZ 屏風」も、今年はせんがわ劇場ロビー内で、中に入れるのはお客さんは1名のみ(要予約)。チケットの購入はお早めに。

日時:9月16日(水)~9月20日(日)
会場:調布市せんがわ劇場(劇場・ロビー)
公式サイト:http://www.jazzartsengawa.net
ライヴチケット購入:https://t.co/jtF53MXMDM?amp=1
配信チケット購入:https://twitcasting.tv/jazzartsengawa/shop

総合プロデューサー:巻上公一
プロデューサー:坂本弘道、藤原清登
「CLUB JAZZ 屏風」キュレーター:長峰麻貴、大隅健司
主催 JAZZ ART 実行委員会
共催:調布市
助成:アーツカウンシル東京、かけはし文化芸術振興財団

劇場プログラム

9月16日(水) 20:00-21:15
「JAZZ ART TRIO」
坂本弘道 (cello)、藤原清登 (b)、巻上公一 (vo, cornet, theremin)
スペシャルゲスト有り

9月17日(木)20:00-21:15
「ミソヅラ団と赤斬月」
ミソヅラ団:中村達也 (ds)、滝本尚史 (tb, tuba)、栗原健 (sax)
ゲスト:スガダイロー (pf)

9月18日(金) 20:00-21:15
「福島泰樹 短歌絶叫コンサート」
福島泰樹 (短歌絶叫)、永畑雅人 (pf)、石塚俊明 (ds)、坂本弘道 (cello)

9月19日(土) 17:00-17:15
「ヒカシュー+梅津和時」
巻上公一 (vo, cornet, theremin, 尺八)、三田超人 (g)、坂出雅海 (b)、清水一登 (p, syn, bcl)、佐藤正治 (ds, per)
ゲスト: 梅津和時 (sax, cl)

9月19日(土) 20:00-21:15
「道場」
八木美知依 (エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也 (ds)

9月20日(日) 15:00-16:15
「Quadrangle」
石井彰 (pf)、石井智大 (vln)、吉野弘志 (b)、池長一美 (ds)

「CLUB JAZZ 屏風」(せんがわ劇場ロビー)

9月19日(土)14:00-
柳家小春 (三味線)、四家卯大 (cello)、西井夕紀子 (accordion)、熊坂路得子 (accordion)、宮坂遼太郎 (per)

9月20日(日)16:45-
柳家小春 (三味線)、吉田隆一 (bs)、高岡大祐 (tuba)、池澤龍作 (per)、松村拓海 (fl)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。