9/23 曽根麻央トリオ with ストリングス at コットンクラブ

閲覧回数 4,744 回


MAO SONÉ TRIO with STRINGS: Live on Rehearsal at 104.5 on Sep 22, 2021

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

MAO SONÉ TRIO with Strings
曽根麻央トリオ with ストリングス

2021年9月23日(木) 18:30
コットンクラブ (東京・丸の内)

曽根麻央 (tp,p)
伊藤勇司 (b)
木村 紘 (ds)
SAYAKA (vln)
山田那央 (vla)
香月圭佑 (vc)
詳細はこちら

「ジャズ二刀流」と呼ぶトランペットとピアノの同時演奏というスタイルと、ジャズからのボーダレスな音楽で注目を浴びる曽根麻央。2018年に2枚組セルフ・プロデュース・アルバム『Infinite Creature』でメジャー・デビュー。9月23日、コットンクラブに登場。ヴァイオリニストのSAYAKAを迎えて初のコラボレーションを披露する。

曽根麻央はバークリー音楽大学修士課程を首席で卒業後、「国際トランペット協会ジャズ・コンペティション」優勝、2016年アムステルダム『”Keep An Eye” 国際ジャズアワード』優勝をはじめ、多数の権威ある賞を受賞。主演と音楽を担当したケヴィン・へフリン監督のショートフィルム「Trumpet」も海外で高い評価を得た。

今回のコットンクラブ公演では、レギュラーで活動してきたトリオに、SAYAKA(vn)、山田那央(va)、香月圭佑(vc)のストリングスを加えた編成で臨む。SAYAKAはクラシックにルーツを持ち、キューバでリアルなラテン音楽に触れてきた。曽根真央とSAYAKAの二人、そしてアンサンブルが生み出すケミストリーを楽しみにしたい。

ViolinのSAYAKAさんをゲストに迎えて
【曽根麻央トリオwithストリングスについて】お話しします

【舞台裏】 MAO SONÉ Trio with Strings 【The 1st Rehearsal】

Jazz Brunch in 104.5 with MAO SONE – Brightness of the Lives – <SkyFloor>

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。