JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 21,077 回

international(海外)News

ECMの9月新譜はジャズ系、New Series 各3タイトルずつ計6タイトル !!

ECMの9月新譜はマチェイ・オバラ、シニック・ランゲラン、ヴォルフガング・ムースピールのジャズ系3タイトルに、エストニアの作曲家ヴェリヨ・トルミス、ジョン・ホロウェイ、ハインツ・ホリガーの New Series系3タイトルの計6タイトル一挙リリースという相変わらずの奮闘ぶり。

ジャズ系の3タイトルは以下の通り;
『マチェイ・オバラ・カルテット/フローズン・サイレンス』(ECM 2778)
ポーランド出身のアルト・サックス奏者マチェイ・オバラ(1981~)率いるポーランド=ノルウェイ混成カルテットによるECMからの3枚目のリリース。同郷のピアニスト、ドミニク・ヴァニアとノルウェイ出身オーレ・モーテン・ヴォーガン(b)、ガード・ニルセン (ds)による2012年結成のカルテットによる『アンラブド』(2017)『スリー・クラウンズ』(2019) から続く物語をさらに前進させたもので、おそらくこれまでで最も強力な音楽的ステートメントである。マチェイとヴァニアとの直感的な音楽的関係が最大限に強調され、ヴォーガンとニルセンは、リズム・セクションの役割を超えて、常にパワフルなアイデアを注入している。マンフレート・アイヒャーが2022年6月にオスロ・レインボウスタジオでプロデュース。(CD+LP)

『シニッカ・ランゲラン/風と太陽』 (ECM 2776)
「彼女の存在と歌声は魔法のようだが、彼女がカンテレを弾くと、自然そのものが喜びに震えているように感じられる。」ECM7作目の今作ではECMでリーダー・アルバムをリリースしてきたノルウェイを代表するミュージシャンを結集、ノルウェーで最も重要な現代作家の一人である詩人で小説家のヨン・フォッセの文章を曲のテキストにした。シニッカの「自然の神秘主義」への憧憬とフォッセの「耳を傾ける行為」が共鳴、信仰にも通じるような雰囲気を醸し出している。2022年9月にオスロのレインボウスタジオでレコーディング。

『ヴォルフガング・ムースピール/ダンス・オブ・ザ・エルダーズ』(ECM 2772)
ヴォルフガング・ムースピール率いるこのトリオは、好評を博した『Angular Blues』(ECM 2655 2020) に続き、このアルバムでも音楽の探求を続け、作曲と即興の魅惑的な相互作用を生み出している。フォークの影響を強く受けながら、クラシック音楽からも同じようにインスピレーションを受けているムースピールの作曲とジャズへのアプローチが聴き取れるアルバム。7曲中5曲はムースピールのオリジナルで、2曲にクルト・ワイルの<愛の歌>とジョニ・ミッチェルの<アメリア>を含む。(CD+LP)

New Seriesは以下の3タイトル;
『ヴェリヨ・トルミス/レミニセンティア』 (ECM 2793)
ヴェリヨ・トルミス(1930-2017)の作曲の原動力となっているのは、古代の民俗音楽の要素的な力である。この偉大なエストニアの作曲家が有名な言葉を残している。民謡が私を使うのだ”。この思いは、何十年もの間、トルミスの最も親しい音楽仲間のひとりであったトンヌ・カルジュステ指揮のもと、エストニア・フィルハーモニー合唱団とタリン室内管弦楽団による決定的な演奏にも反映されている。 アルバムの冒頭を飾るのは、カルジュステが45年前に委嘱した『わが村の鐘』。この曲は、フェルナンド・ペソアの歌詞がセットになっており、このオマージュの文脈にまったくふさわしいと思われる。  “ああ、死よ、それは道の曲がり角/通り過ぎた時は見えない/それでもあなたの歩みは続く…”  録音は、2020年10月と11月にタリンのメソジスト教会で収録された。

『ヘンドリー・パーセル, ジョン・ホロウェイ/ファンタジア』 (ECM 2249)
ルネサンスの作曲家ジョン・ダウランドの『ラクリマ・パヴァンス』(ECM 2189)をテーマとした作品のプログラムの後、ヴァイオリニスト、ジョン・ホロウェイと彼のアンサンブルは、今度はバロックの作曲家ヘンリー・パーセルの「幻想曲」に芸術を捧げる。パーセルの幻想曲は、対位法的な深遠さと、当時のあらゆる多声的な技法を駆使した、このジャンルで最も素晴らしく、最も複雑に練り上げられた作品とみなされている。ホロウェイとアンサンブルによる3部作と4部作のファンタジアの朗読は、曲の構造を深く洞察し、ホロウェイが言うように、”喜びと悲しみの間の微妙な境界線を歩み、彼の時代の特徴的な気分であったメランコリーを美しく表現する並外れた能力 “を持った作曲家の新鮮な視点を明らかにする。

『ハインツ・ホリンガー, アントン・ケルニャック/エヴェンテール』 (ECM 2694)
スイスのオーボエ奏者であり作曲家でもあるハインツ・ホリガーは、オーボエとピアノのためのフランス作品を幅広く取り上げ、20世紀初頭の音楽を多角的に紹介している。「オーボエが人間の声に近いことから、まだあまり知られていないヴォカリーズ・エチュード集を通して、フランス音楽の豊かな色彩を開こうと思いついた」とホリガーはライナーノーツで述べている。この幅広いリサイタルには、ラヴェル、ドビュッシー、ミヨー、サン=サーンス、カサデシュス、そしてケクラン、ジョリヴェ、メシアンといった作曲家の作品が含まれている。20世紀のオーボエ・レパートリーの豊かさが全編にわたって発揮され、ホリガーはピアノやハープと魅力的な対話を繰り広げている。このアルバムは、数々の賞を受賞したハインツ・ホリガーの大規模オペラ『ルネア』にに続く作品。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください