#582 『Mike Nock / This World』
『マイク・ノック/ディス・ワールド』

閲覧回数 6,888 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

lionsharecords LSR20196 (Australia)

Mike Nock – piano
Hamish Stuart – drums
Julien Wilson – tenor saxophone and effects
Jonathan Zwartz – double bass

1.Old’s Cool 05:36
2.And in the Night Comes Rain 07:12
3.Riverside 08:07
4.Home 06:12
5.The Dirge 07:02
6.Any Heart 06:59
7.Aftermath 08:11
8.We Shall Rise Again 08:08
9.This World 04:11

All Mike Nock compositions published by Fourth Way Music – ASCAP

Recorded June 29th & 30th, 2019 at Sony Studios, Sydney
Engineered by Ross A’Hern
Mixed and mastered by Helik Hadar
Produced by Jonathan Zwartz and Julien Wilson

This project has been assisted by the Australian Government through the Australia Council, its arts funding and advisory body.


極めて良質の録音。ベースの重々しい音色が強烈に印象的で、これにのせるテナーサックス、ドラム、ピアノ。ミックス技術で、すごく印象的に音像を太く全面に押し出す。興奮してしまった。音量を上げると、音量がその聞かせどころを強調するのだ。骨太な感触と音像も面積を聞かせて墨汁が飛んできた気分だ。繊細さより濃厚さの音質が支配して、この技は、この演奏を強烈に引き立てている。

試聴サイト;
https://lionsharecords.bandcamp.com/album/this-world

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。