エッセイ「風を歩く」から vol. 10「見世物小屋」~中原養護学校 

閲覧回数 1,560 回

ボクにとって「いい演奏」というのは、思っていたことがうまくできた時ではなく、自分が思いもよらないような演奏をした時だ

続きを読む

エッセイ「風を歩く」から vol.6「アカマタ ・クロマタ~百鬼夜行」 

閲覧回数 11,191 回

名もなき市井の生活者が、伝統的な音楽や文化を支え継承しているというのが、沖縄や八重山の実相だろう。そこにこそ沖縄の存在価値があるはずだ。

続きを読む

風巻 隆エッセイ「風を歩く」から vol.5 「Vedda Music Workshop 」

閲覧回数 13,105 回

「即興」というものはある種の身体感覚で、それまでの自分の殻を破ることで自分の体の内側から新しい音が現れてくる…

続きを読む