サー・アンドラーシュ・シフ&塩川悠子 ライブ・ストリーミング

閲覧回数 1,183 回

Cover photo: Barbara Klemm / ECM Records

ホンマこんなときやけど、やっぱ(音楽)好きやねんTV
Message from SIR ANDRÁS SCHIFF
Talk guest: YUUKO SHIOKAWA 塩川悠子
organized by KAJIMOTO

2020年3月14日(土) 20:00〜21:00
 (しばらく再生可能)
2020.3.14 (Sat) 11:00-12:00 UTC (Replay is available)

ECM New Seriesを代表するハンガリー出身のピアニスト、サー・アンドラーシュ・シフが3月来日中。「サー・アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル 2020」ツアーは、東京・大阪公演が催行され、埼玉・札幌公演は、新型コロナウイルス感染症対策の一環で公演中止となった。

公演が鑑賞できなくなった埼玉・札幌の観客、東京・大阪公演で止むを得ず来場できなくなった観客に向けて、アンドラーシュ・シフ本人が想いを語る。トーク・ゲストには、パートナーであるヴァイオリニストの塩川悠子を迎える。トークを中心に、この日だけの特別な演奏も予定している。ふたりは、2000年に『Franz Schubert: Fantasien』(ECM1699)を、2017年に『Bach Bussoni Beethoven』(ECM2510)をリリースしている。


※2020年3月14日(土) 20:00〜21:00に配信予定

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。