6/20-21 小曽根 真 “Solo” & “with friends”
〜ブルーノート東京 観覧再開+有料配信

閲覧回数 3,576 回

Text by Hideo Kanno 神野 秀雄
Photo courtesy of Blue Note Tokyo

MAKOTO OZONE “Solo” & “with friends” featuring
Issei Igarashi (6/20) Eijiro Nakagawa (6/21)

小曽根真 “Solo” & “with friends” featuring
五十嵐一生 (6/20), 中川英二郎 (6/21)

2020年6月20日(土) 21日(日) 20:00〜

小曽根 真 Makoto Ozone (piano)
五十嵐一生 Issei Igarashi (trumpet) ※6/20
中川英二郎 Eijiro Nakagawa (trombone) ※6/21

“Rising Stars”
佐藤潤一 Junichi Sato (bass) ※6/20
RIO (ukulele) ※6/21

ジャズ、クラシックの境界を越え、世界で”ボーダーレス”に活躍するピアニスト小曽根真。4月9日から5月31日まで「Welcome to Our Living Room」と題して、自宅からピアノソロのライヴ配信を53日間に亘って行い大きな話題になった。53日目は、サプライズで渋谷の東急文化村オーチャードホールからの生中継で締め括った。そこでの約束「シアターで会いましょう!」を果たす機会は、思ったよりも早くやって来た。長く休業していた、ブルーノート東京の営業再開の公演として、6月20日(土)と21日(日)の二日間、ブルーノート東京で、小曽根真のピアノソロ with フレンズ公演を開催し、会場での観覧と、有料配信の二本建てになる。ソロ・ピアノに加えて、20日には80年代から活躍するトランペット奏者の五十嵐一生、21日にはビッグバンド「小曽根真 featuring No Name Horses」のリードトロンボーンの中川英二郎がゲスト出演する。詳細はこちら。

Makoto Ozone presents “Rising Stars”
今回のこの特別なステージには、小曽根真がこれから輝いて欲しいと願う、素晴らしい才能を持つ若きアーティストを紹介するシーンが盛り込まれる。ベーシストの佐藤潤一 (6/20)と、ウクレレのRIO (6/21)。注目の新鋭たちとともに繰り広げるパフォーマンスにも期待したい。

小曽根は「このコロナ危機を乗り越えた先には、今までになかった素晴らしい世界を人間が創造していくのだと確信しています」と語る。2020年前半には、小曽根 真 featuring No Name Horses 「Until We Vanish 15×15」ツアーが予定されていた。このツアーや他プロジェクトの再開も心待ちにしたい。

Message from Makoto Ozone
“2ヵ月余のお休みからいよいよ再稼働するブルーノート東京。皆様のご無事を喜びつつ、コロナ後に生まれる新しい世界に向けての希望を込めて、精一杯の音楽を奏でたいと思います。今回は五十嵐一生、中川英二郎という素晴らしい音楽家とのコラボとは別に、未来に向けて羽ばたいて欲しい素晴らしい才能の持ち主、佐藤潤一とRIO の2人をご紹介します。「生」でしか味わえないエネルギーを存分に楽しんでください!”

【追記:セットリスト】
2020年6月20日(土) 20:00

Piano Solo
1. Untitled (Makoto Ozone)
2. My Witch’s Blue (Makoto Ozone) from “My Witch’s Blue”(2012)
3. Nova Alborada (Makoto Ozone) from “My Witch’s Blue”(2012)

+Rising Star – Junichi Sato 佐藤潤一 (bass)
4. Only We Know (Makoto Ozone) from “Three Wishes”(1997)
5. No Siesta (Makoto Ozone) from “Three Wishes”(1997) & “No Name Horses / Jungle”(2007)

+ Issei Igarashi 五十嵐一生 (trumpet) & Junichi Sato 佐藤潤一 (bass)
6. Myst (Makoto Ozone) from “Three Wishes”(1997)

+ Issei Igarashi 五十嵐一生 (trumpet)
7. Beautiful Love (Wayne King, Victor Young & Egbert Van Alstyne / Lyrics by Haven Gillespie) from “Spring is Here”(1986)
8. Nomad (Issei Igarashi) from “Issei Igarashi / Nomad”(2005)

+ Issei Igarashi 五十嵐一生 (trumpet) & Junichi Sato 佐藤潤一 (bass)
9. 53rd Street Blues (Makoto Ozone) from “Three Wishes”(1997)

+ Issei Igarashi 五十嵐一生 (trumpet)
EC. Come Sunday (Duke Ellington)

2020年6月21日(日) 20:00


Piano solo
1. Need to Walk (Makoto Ozone)
2. Mirror Circle (Makoto Ozone) from “Dimensions”(2017)

+ Rising Star – RIO (Ukulele)
3. La Fiesta (Chick Corea) from “Treasure”(2002) & “Duets”(2016)

Piano solo
4. Asian Dream (Makoto Ozone) from “So Many Colors”(2001) & “Kimiko Itoh / Once You’ve Been in Love”(2004)

+ Eijiro Nakagawa 中川英二郎 (trombone)
5. Secret Gate (Eijiro Nakagawa) from “Eijiro Nakagawa/E”(2007)
6. Ital Park (Makoto Ozone) from “Time Thread”(2013)
7. Untitled (Makoto Ozone)

+ Eijiro Nakagawa 中川英二郎 (trombone) & RIO (Ukulele)
8. Into the Sky (Eijiro Nakagawa) from “No Name Horses II” (2007), “EnJ/Just Us”(2006) & “Eijiro Nakagawa / E”(2007)

+ Eijiro Nakagawa 中川英二郎 (trombone), Eric Mmiyashiro エリック・ミヤシロ & RIO (Ukulele)
EC1. The Preacher (Horace Silver)

Piano Solo
EC2. Hymn to Freedom (Oscar Peterson) from “Ballads” (2008)

【ライブ配信 Welcome to Our Living Room など関連動画】
Welcome to Our Living Room – Day 53 at Orchard Hall

Dance on the Beach (Makoto Ozone)
小曽根 真 (piano), RIO (Uklele)

Myst (Makoto Ozone)
小曽根 真 (piano)、五十嵐一生 (trumpet)

Into the Sky (Eijiro Nakagawa)
小曽根 真 (piano)、中川英二郎 (trombone)

Slide Monsters – Trisense (Eijiro Nakagawa)
Eijiro Nakagawa, Joseph Alessi, Marshall Gilkes, Brandt Attema (trombone)

小曽根真 featuring No Name Horses – Until We Vanish 15×15 (Short Music Video)

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。