児玉 桃によるピアノ協奏曲 9/11 大阪 モーツァルト 第23番
9/18 高崎 シューマン 10/4 東京 細川俊夫「月夜の蓮」

閲覧回数 1,375 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

パリを拠点に世界で活躍するピアニスト児玉 桃が来日し、3都市での3オケによる3公演で、それぞれ異なるピアノ協奏曲を演奏する。大阪でモーツァルト<ピアノ協奏曲 第23番>、東京で細川俊夫<月夜の蓮>、高崎でシューマン<ピアノ協奏曲>の演奏となる。

関西フィルハーモニー管弦楽団 第322回定期演奏会
2021年9月11日(土) 14:00 大阪 ザ・シンフォニーホール

指揮: オーギュスタン・デュメイ Augustin Dumay (関西フィル音楽監督)
ピアノ: 児玉 桃 Momo Kodama
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
Wolfgang Amadeus Mozart: Konzert für Klavier und Orchester Nr.23 A-Dur K.488
詳細はこちら
チラシ(PDF)

群馬交響楽団 第571回定期演奏会
2021年9月18日(土)16:00  高崎芸術劇場 大劇場

指揮: ユベール・スダーン  Hubert Soudant
ピアノ: 児玉桃 Momo Kodama
シューマン: ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
Robert Schumann/ Piano Concerto in A Minor, Op. 54
詳細はこちら
チラシ(PDF)

アジア オーケストラ ウィーク2021
静寂から感動へ― 未来へつなぐハーモニー
2021年10月4日(月)19:00  東京オペラシティ コンサートホール

大阪フィルハーモニー交響楽団
指揮: 秋山 和慶
ピアノ: 児玉 桃
細川俊夫/月夜の蓮~モーツァルトへのオマージュ~ピアノとオーケストラのための
Toshio Hosokawa: Lotus Under the Moonlight for Piano and Orchestra − hommage à Mozart
詳細はこちら


R: ©Michiharu Okubo / ECM Records

2021年3月に『Momo Kodama, Seiji Ozawa, Mito Chamber Orchestra – Hosokawa / Mozart  児玉 桃 小澤征爾指揮 水戸室内管弦楽団 – 細川俊夫:月夜の蓮 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番』(ECM2624)がリリースされている。録音は2006年水戸でのものだが、アルバムリリースの今年、しかもCOVID-19下の困難な時期に、収録曲のモーツァルト<ピアノ協奏曲第23番>と細川俊夫<月夜の蓮>の両方が日本国内で演奏されるのは喜ばしいことだ。もっとも国内移動が推奨されず、両方を聴くことは難しいので、東京、関西でそれぞれ再演を心待ちにしたい。

細川俊夫は1955年広島生まれ。1976年から10年間ドイツへ留学し、ベルリン芸術大学でユン・イサンに、フライブルク音楽大学でクラウス・フーバーに作曲を師事。世界各地から多数の委嘱を受け、また最も海外で演奏される機会が多い日本人作曲家のひとり。「月夜の蓮」は、北ドイツ放送(NDR)からモーツァルト生誕250周年を記念して委嘱された作品で、モーツァルトのピアノ協奏曲から好きな作品を1曲選び、それと同一の楽器編成で新作を作曲するというもの。世界初演は2006年4月7日ハンブルクで、準・メルクル指揮、北ドイツ放送(NDR)交響楽団、児玉 桃のピアノで行われた。

児玉はエストニアの作曲家アルヴォ・ペルトから『Lamentate』の演奏に呼ばれた際に、ECMプロデューサーのマンフレート・アイヒャーに会い、その演奏を認められて、2013年にラヴェル、メシアン、武満 徹の作品を収録した『La vallée des cloches 鐘の谷』(ECM2343)でECMデビュー。2017年には『Point and Line – Debussy & Hosokawa 点と線~ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集』(ECM2509)をリリース。このアルバムでは、ドビュッシー晩年の名作「練習曲」と、21世紀に書かれた細川俊夫の練習曲の順番をばらばらにして自由な順番で再構築した。そして2021年に上記のアルバムを3枚目としてリリースしている。ヨーロッパでの演奏が多い、ドビュッシー、ラヴェル、メシアン、武満 徹などの国内での演奏にも期待したい。COVID-19下のため日本入国後14日間の待機が必要となる中で、2021年には、3月、4月、7月についで4度目の来日と、児玉が精力的に仏日間を往復し、演奏の機会を設けていることに感謝したい。今後の日本〜EU間の移動も予断を許さないが、引き続き幅広いプログラムが披露されていくことを楽しみにしたい。

Toshio Hosokawa / Lotus under the Moonlight – Naxos Recording
Jun Märkl: conductor
Momo Kodama:piano
Royal Scottish National Orchestra

『児玉桃/点と線~ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集』インタビュー・ビデオ(日本語字幕付)

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。