#550 『中村真トリオ/ルビー』

閲覧回数 4,097 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

にはたづみ レコード  NRCD009  ¥2,500(税込)

中村真 Makoto Nakamura (piano)
中村新太郎  Shintaro Nakamura (bass)
大村亘 Ko Omura (drums)

1.Extemporization Ⅰ (Makoto Nakamura/Shintaro Nakamura/Ko Omura)
2.Moments Notice (John Coltrane)
3.Up Jumped Spring (Freddie Hubbard)
4.Blue in Green (Miles Davis/Bill Evans)
5.I’ll Remember April (Gene de Paul)
6.Extemporization Ⅱ (Makoto Nakamura/Shintaro Nakamura/Ko Omura)
7.What kind of Fool Am I (Leslie Bricusse/Anthony Newley)
8.I Thought About You (Jimmy van Heusen)

Recorded at STUDIO Dede 2019.1/4.5
Engineered by Seiki Kitano (Bang On Recordings)
Piano technician: Makoto Kano (ALT NEU Artistservice Co.Ltd)
Art Direction & Art Design:  Kazuki Endoh
Artists Photo by Hideyuki Tanaka
Produced by Makoto Nakamura Trio
Production Co-ordinater: Natsuko Yokoji(にはたづみレコード)
Executive Producer: Makoto Nakamura(にはたづみレコード)


軽快なサウンドのピアノに耳が惹きつけられる。明るい音色と、高音部のエネルギーが特有の存在感を表し、ピアノの音像に左右音場をいっぱいに使った定位。ミックス技術からみた特徴はドラムのバランス。やや控えめなバランスで整えながら、表に印象に残る音像で迫ったり。ベースのサウンドは秀逸。低音部の安定感は見事。


♫ CDレヴュー(悠雅彦)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-43541/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。