#641 『The David Liebman Trio with special guest John Ruocco / Lieb Plays The Beatles』
『デイヴ・リーブマン・トリオ w Special Guest ジョン・ルオッコ/リーブ・プレイズ・ザ・ビートルズ』

閲覧回数 8,428 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Timeless /ソリッド・レコード CDSOL-46920

David Liebman (ss,ts,p,w-fl)
John Ruocco (ts,cl,b-cl)
Marius Beets (b)
Eric Ineke (ds)

1. She’s Leaving Home – Let It Be
2.While My Guitar Gently Weeps
3.Because
4.The Fool On The Hill
5.That means A Lot
6.If I fell
7.Whitin And Without You
8.Something
9.Blackbird
10.Tomorrow Never Knows – Blue Jay Way – Love Me Do
11.Julia
12.She’s A Woman – Lady Madonna
13.And I Love Her

(1)Lennon/McCartoney
(2)(7)(8)Harrison
(3)(6)(11)Lennon
(4)(5)(9)(12)(13)McCartoney
(10)Lennon/Harrison

Produced by David Liebman
Executive producer:Fred Dubiez
Mixed, edited and mastered by Marius Beets
Recorded by Marius Beets at Studio ‘De Smederij’, Zeist, Holland on April 29, 2012


ss、ts、 cl のなんとも言えない透明なサウンドは、気持ちが落ち着く。ミュージッシャンの演奏に関わると思われるが、録音の技も大きな聴きどころである。通常はエッジの効いたサウンドに向かうはずだが、ここでは透明感に向かっている。マイキングと奏者との音ぎめに、場所、響きにかなり時間を要したのでは。
Drsのハイハットのキレの良い音像は気分がいい。 Bsの穏やかな表現も透明サウンドの一つである。

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。