JAZZ meets 杉田誠一 #109 川島 誠

閲覧回数 870 回

 

text & photo: Seiichi Sugita 杉田誠一

「ご無沙汰してます」電話の向こうから、懐かしいというか、つい先日聞いたばかりの声が聞こえた。 ちょうど4年半ぶりになるという。 4年半前といえば、電話の主、川島誠(as)は、月1レギュラー・ソロで、Bitches Brew に出ていただいていた。 早速ながら、ぜひまた月1ソロでライブを続行しようという ことになる。
思えば、川島誠について、ほとんどそれまで書いたことはなかった。いいチャンス到来とばかり、インタビューを試みる。

まずは、お生れは?
「1980年です」

ミュージシャンになろうと思ったきっかけは?
「『パーマネント・バケーション』(ジム・ジャームッシュ監督) を観てですね。ストリート・ミュージシャンが、未だに脳裏に突き刺さってます」。街を徘徊する少年の名は Parkerでした。

有難う。

実は。これで、インタビューは、終わってしまう。あとは、ジム・ジャームッシュと、「ザン・パラ」(『ストレンジャー・ザン・パラダイス』)と小津安次郎のことだけ。 こんなインタビューがあったっていいじゃないか。 はっきり言ってお互いに、これでもう十分だったと、ぼくはおもった。

4年半振りの邂逅。
まず第1の違いは、音楽の、いわば原風景が映像化されていることである。
川島誠が生まれたのは、1980年。
ぼくは、その年『ザ・ラウンジ・リザーズ』(EG) に夢中だった。『ザ・ラウンジ・リザーズ』が録音されたのは、1980年である。80年代、川島誠にシャワーのように降り注いできたのは、フェイク・ジャズであり、ウエザー・リポートであり、グロバー・ワシントン Jr.らなのだ。
4年半振りに出会って、もうひとつ衝撃をうけたこと。
ほんの4年半前は、冗長ですらあったのに、一回のギグで、30分以上は吹かないということだ。 それだけ、無意味な音を削ぎ落としたということことにちがいない。
この間、川島誠自身がどれほど悩み抜いたかは、音の一つひとつが、粒立っていることで、だれの耳にも明らかである。
4年半の大きな、変貌に触れてみたが、今後、の課題は、自己表現と自己表出の距離とを単出することであろうか?
ともあれ、今最も突出するアルト奏者は、川島誠のほかに、存在しない。

♫ 関連記事
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-17722/

アバター

杉田誠一

杉田誠一 Seiichi Sugita 1945年4月新潟県新発田市生まれ。獨協大学卒。1965年5月月刊『ジャズ』、1999年11月『Out there』をそれぞれ創刊。2006年12月横浜市白楽にカフェ・バー「Bitches Brew for hipsters only」を開く。著書に、『ジャズ幻視行』『ジャズ&ジャズ』『ぼくのジャズ感情旅行』他。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。