菅原光博 JAZZを撮る! #22
NY Jazz Scene「トニー・ベネット自宅訪問 !」

閲覧回数 2,439 回

photo & text by Mitsuhiro Sugawara 菅原光博

19817月。
最も大好きなジャズ・シンガーのトニー・ベネットさんの自宅訪問の取材の時は、さすがにもう興奮と感激の時間でした !
マンハッタンのど真ん中 6番街55丁目に面した自宅アパートの13階の角部屋の窓からは、何とあのラジオ・シティ・ミュージック・ホールが見える場所でした!
世界的に有名な最高のジャズ・シンガーのトニー・ベネットさんですが、若き日は画家を目指して商業美術学校に学んでいたとの事で、いまも時間があるときには、大好きな絵をよく描いているという。
その制作中の絵が部屋の中のあちこちに置かれていました。
御夫人の絵をみせてくれたり、仲むつまじく一緒に写真アルバムをみる時もある。
自宅での取材の後で、電話で友人を誘い大好きな美術館まで連れて行ってもらい、そこでも写真を撮ることができました !
いま思い出しても、人生の宝物の様な貴重な感激の時間でした!

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。