#547 『橋爪亮督|中村真/プレイ・スタンダーズ Vol.1』
『Ryosuke Hashizume | Makoto Nakamura / Play Standards Vol 1』

閲覧回数 7,823 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

にはたづみレコード NRCD0010 ¥2500(税込)

橋爪亮督 (ts)
中村真 (p)

01.The masquerade is over
02.You are my everything
03.What is this thing called love?
04.The night we called it a day
05.Liebeslied
06.The song is you
07.It never entered my mind
08.I concentrate on you
09.Last night when we were young
10.Blackberry winter

Recorded at SOUND OF ART, February 25, 2019
Recording and Mastering Engineer: kazuhiro Kobushi (WAON Records)
Piano technician: Makoto Kano (ALT NEU Artistservice)
Produced by Ryosuke Hashizume and Makoto Nakamura
Executive producer: Makoto Nakamura(にはたづみレコード)


デュオの雰囲気を、心地良いサウンド空間で表した表現が特徴。テナーもオンマイクでの直撃的サウンドを避けて空間の響きに音像を絡めている。ピアノも同様。オンマイクの強烈な音はない。音像定位から、ワンポイント的な安定感が聴かれる。音量を上げても刺激的な空間は現れない。


♫ CDレヴュー(多田雅範)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-44106/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。